旅する

焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

旭川と名寄の間の国道40号を走る際、剣淵町を通ったら立ち寄りたいのが、道の駅「絵本の里けんぶち」です。その名の通り絵本がたくさん置かれているほか、焼き立てパンが大好評。このパンを食べるためだけに立ち寄ってもいいくらいの道の駅。「じゃらん」の読者が選ぶ道の駅満足度調査で総合1位に選ばれたことがある(2007年)など実績を持つ道の駅です。2006年8月10日に登録、9月21日に開駅した道の駅の魅力をご紹介します。

焼き立てパンを食べに立ち寄りたい! 道の駅「絵本の里けんぶち」

▼冬の道の駅「絵本の里けんぶち」
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

道の駅で焼き立てパンを販売しているところは道内にも何箇所かありますが、道北ではここ剣淵町の道の駅が最強です。種類が豊富で、焼きたてのパンは特に美味しいと評判なのです。道の駅絵本の里けんぶち最大の名物と謳っています。

近隣市町村の住民がわざわざ買いに立ち寄るという焼き立てパンは、毎日早朝から焼き上げており、約40種類が売り場に並びます。ガラス張りキッチンでその焼いている様子を見ることができます。まさに出来たて、焼き立てのパンが味わえるのです。

焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

不動の一番人気は「バターメロンパン」。外がカリカリ、中がふわふわで、バター風味の豊か味わいが楽しめます。見た目が林檎のようで、中にクリームとシャキシャキりんごが入っている「りんごパン」、北海道産かぼちゃを使ったかぼちゃのようなパン「かぼちゃパン」も店員おすすめの一品です。「カレードーナツ」はじっくり煮込んだポークカレーを包み揚げたパンで、冷めても美味しくいただけます。人気のデザートパンに合わせておかずパンも一緒に味わってみてはいかがでしょうか。

▼不動の人気No.1「バターメロンパン」
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

▼りんごパンやかぼちゃパンも見た目に楽しい!
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」 焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

おみやげコーナーで売っている、しそジュース「しそしそ話」、トマトジュース「夢みるトマト」、にんじんの入った「にんじんジュース」といった180mlおよび500mlのドリンクもおすすめ。いずれも剣淵町産の食材を使っています。

▼しそ、トマト、にんじんを使ったドリンクは子どもも飲みやすい
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

清酒「じんじん」の酒粕で造られた「じんじんまんじゅう」、野菜ドレッシング「スードレ」、野菜を使った「有機野菜めん」「屯田三色めん」、地養鶏くんせい「ゴトウくんせい」、剣淵産ポテトチップス「ぷっちーな」、剣淵産「ポテバター」シリーズとしてポテバタ1玉やポテバタラーメンを売店で購入することができます。

▼ポテバタやご当地ポテトチップスはスタッフおすすめ
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」 焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

▼おみやげコーナー
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

テイクアウトコーナーでは、紫色の「しそソフトクリーム」が夏季限定で販売。剣淵産いももちやコロッケ、レストラン「ムーニャ」では、カレーの上に半熟卵とチーズを乗せて焼き上げた野菜たっぷりの「焼きカレー」や、剣淵産ジャガイモがごろんと入った「コロッケカレー」や「じんじんうどん」を味わうことができます。飲食ではほかに、剣淵元祖とりもも焼きの屋台が土日祝日に営業しています。

▼入口から入ると吹き抜けに
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

▼農産物販売所
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

入り口の吹き抜けホールで販売しているのが、農産物。剣淵町の農家が作った新鮮な野菜、お米、剣淵高校生が栽培した花卉を購入できます。生産者の名前が付されているので安心です。2008年には北側には、果樹園のある広場「実のなる森」が併設されていて、自然を満喫できるのも魅力です。

木の砂場と絵本があるので子連れにも嬉しい!

▼吹き抜け空間で開放的
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

明るい吹き抜け空間に設置された木の砂場は、木の玉が大量に入ったプール。歩くと足のツボが刺激されるだけでなく、ちょっと横になると気持ちよく、長旅の疲れを癒やしてくれます。木の玉同士がぶつかる癒やしの音も楽しめます。

▼木の砂場におおはしゃぎ
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」 焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」 焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

また、その横には絵本コーナーがあります。剣淵町は絵本のまちづくりを推進していて、市街地には世界の絵本を3万冊以上蔵書する「絵本の館」があるほどの力の入れよう。ここ道の駅は、絵本の館に行かずとも絵本を読むことができます。大人なら懐かしい絵本に出会えると思います。

▼絵本コーナー
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

販売コーナーもあり、絵本の里がおすすめするベストな本が並んでいます。剣淵町で生まれた絵本『ムーニャとほしのたね』は、道の駅のレストラン「ムーニャ」の名前になっている他、レストランの「ムーニャ弁当」、焼き立てパンメニューの「ムーニャのデニッシュ」、ドッグラン「ムーニャパーク」など至るところに見ることができます。おみやげに剣淵町生まれの絵本を買っていくのもありです。

▼絵本販売コーナー
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

どちらも靴をぬいでくつろげるスペース。親子連れできっと楽しめると思いますよ。

▼ぷっちーなと記念撮影
焼き立てパンを食べに立ち寄りたい!道の駅「絵本の里けんぶち」

【動画】映像で見る道の駅「絵本の里けんぶち」

出演:脇田唯・タムラメグミ
「バスタビ北海道」オホーツク紋別編で訪れました。

道の駅「絵本の里けんぶち」
所在地:上川郡剣淵町東町2420番地
電話:0165-34-3811
営業時間:年中無休、9時~18時(11~4月は17時まで)、トイレは24時間利用可

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。