旅する

寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

最近は雑誌やテレビ番組でも特集されるなど、何かと注目を集めている道の駅。中でも地元の特産品やそこでしか食べられないものは話題となり、やはりグルメと道の駅は切っても切れない関係にあるようです。

今回は、そうしたグルメにこそ力を入れ、魅力的な旬のメニューを数多く揃えている道の駅をピックアップ。寿都町にある「道の駅みなとま~れ寿都」です。ここで買うもの食べるものは、とにかくどれもこれもおいしいと評判なのだとか。さっそくお邪魔しました。

漁港のすぐそばにある道の駅

▼道の駅みなとま~れ寿都
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

「道の駅みなとま~れ寿都」(以下みなとま~れ寿都)は、2008年にオープンしました。寿都漁港に隣接しており、寿都観光の情報発信の拠点として、毎年たくさんの人に利用されています。

▼道の駅のすぐ向かい側に漁港が
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

潮の香りを感じながら建物の周辺を散策してみると、かつてここがニシン漁で栄えた町であることが分かります。

▼昔から海の恵みを受けてきた寿都の町
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

ニシン漁で使用されていた保津船(ほつせん)も展示されていて、当時のことをリアルに伝えてくれます。

▼実際に海に出ていた船が展示されている
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

建物内に入る前から思わぬ見どころがあり、ついつい見入ってしまいそうになりますが、目的は道の駅。さっそく、中に入ってみましょう。

▼漁港を臨む大きな窓
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

中は広々としていて天井も高く、開放的な雰囲気です。イートインスペースもゆったりと設けられていて、大きな窓ガラスからは漁港を臨むこともできます。さて、まずは売店でおすすめ商品を聞いてみました。

▼やはり海のものがずらりと並ぶ
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

教えてもらったのが、寿都の伝統料理「生炊きしらす佃煮」です。なんでも、寿都湾で春のわずか1ヶ月間のみ獲れる小女子(こなご・こうなご)と呼ばれるイカナゴの稚魚を、水揚げしてすぐに加工するのだとか。しょう油や水飴の味付けの配合と、長年培われてきた職人の技術が、味の決め手となります。

▼ぜひ食べ比べてみてほしい!
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

そのため、それぞれの水産加工会社によって微妙な味の違いがあり、それぞれの味にファンがいるといいます。これだけの数の会社の生炊きしらす佃煮が揃うのは、道の駅だからこそ。30gずつ少量パックで売られていたり、3パックまとめ買いするとお得だったりと、食べ比べしやすい工夫がされているのもうれしいところです。

季節ごとに変わる旬のメニュー

さて、お待たせしました。イートインスペースで食べられる、気になるグルメについてご紹介していきましょう。みなとま~れ寿都では、寿都の旬の食材を使い、すべて道の駅で手づくりしています。そのため、オーダーを受けてから少し時間がかかる場合もありますが、おいしいもののためなら待てるはず。

▼船澗弁当(税込700円)
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

みなとま~れ寿都のグルメで一番人気なのが、船澗(ふなま)弁当です。

この潔いルックス、最初に見る人はきっと驚くことでしょう。春先に入荷する地元島牧産の天然岩海苔をごはんの上に敷き詰めています。ごはんと海苔の間にあるのは、生炊きしらす佃煮。一口食べれば磯の香りが広がり、シンプルながら贅沢な気分を味わえる海苔弁当です。これぞ究極のミニマム。その年に入荷した海苔を使い切れば販売終了となるため、早い年にはお盆の時期に売り切れることもあるのだそう。

▼ホッケカレー(税込600円)
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

新鮮な寿都産ホッケのすり身がたっぷり入ったホッケカレーも、ここでしか食べられない人気の一品です。トマトやココナッツミルクの他、インドのスパイスも使ったエスニックな本格派。「道の駅によくある、定番のカレーでしょ?」と思って食べたら、いい意味で予想を覆されること間違いなしです。

▼たことしらすのホットサンド(税込400円)
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

ホットサンドも常時数種類あり、子どもから大人まで大人気です。すべて地元の食材を使ったボリューム満点の食べ応えですが、特におすすめなのがたことしらすのホットサンド。寿都産のたこと生炊きしらす佃煮を挟み、マヨネーズと紅しょうがで味付けた変わり種です。ホットサンドに海のものという意外な組み合わせですが、これがすごく合うのです。ぜひ試してもらいたい逸品です。

▼寿都の秋の味覚のっけ丼(税込800円)
寿都の旬の味覚がわかる!漁港を望む道の駅「みなとま~れ寿都」

また、みなとま~れ寿都では、季節ごとの旬のメニューにも力を入れています。取材に訪れた2018年11月には、寿都の秋の味覚のっけ丼など、数種類の季節限定メニューが揃っていました。もちろん、地元で獲れた食材を使い、いくらを漬けるところからここですべて作られています。

なぜ道の駅でそこまでするのかスタッフの方に尋ねると「寿都では今、何が獲れているのか、何が旬なのか、ここに来れば分かるような道の駅にしたいから」ということでした。その心意気が、バラエティ豊かでおいしく、訪れる人みんなに喜ばれるメニューの数々を生み出していくのでしょう。

写真撮影:西村なぎさ(寿都カメラ)

道の駅みなとま~れ寿都
所在地:北海道寿都郡寿都町字大磯町29-1
電話:0136-62-2550
営業時間:4月~9月 9時~18時、10月~3月 9時~17時
定休日:4月~9月 無休、10月~3月 毎月第1・3月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月31日、1月1日)
公式サイト

取材協力

一般社団法人 寿都観光物産協会
所在地:北海道寿都郡寿都町字大磯町29-1(道の駅みなとま~れ寿都内)
電話:0136-75-7201
公式サイト
Facebook
寿都カメラ
所在地:北海道寿都郡寿都町字新栄町51-1
電話:0136-62-3950
営業時間:10時~19時
定休日:日・祝
(営業時間、定休日は変更になることがあります。詳しくは公式サイトの休日情報をご覧下さい)
公式サイト
Facebook

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】