旅する

立派な氷筍や氷柱が現れる!道北の中頓別町で「冬の鍾乳洞探検」!

編集部
Written by 編集部

降り積もる雪に、そろそろうんざりしはじめている北海道民の皆さん。春を待ちわびるのもいいですが、どうせならこの季節、発想の転換をして思いっきり雪の世界を満喫してみませんか? もちろん、雪に縁遠い地域に住んでいる人も、心から楽しめること間違いなし。

そんな自然体験を、道北の中頓別町にある「そうや自然学校」で味わうことができます。その名も「冬の鍾乳洞探検」。探検という言葉を聞いただけでワクワクしてしまった北海道ファンマガジンは、さっそく現地に向かいました。

立派な氷筍や氷柱が現れる!道北の中頓別町で「冬の鍾乳洞探検」!

中頓別町役場で待ち合わせて、いざ出発!

立派な氷筍や氷柱が現れる!道北の中頓別町で「冬の鍾乳洞探検」!

待ち合わせは中頓別町役場。ここから「そうや自然学校」の車で、スタート地点まで連れて行ってもらいます。案内してくださったのはそうや自然学校の上杉康志さんと中頓別町役場の三浦毅さんです。

▼「そうや自然学校」の上杉さん(左)と中頓別町役場の三浦毅さん(右)
立派な氷筍や氷柱が現れる!道北の中頓別町で「冬の鍾乳洞探検」!

鍾乳洞は自然ふれあい公園内にありますが、鍾乳洞の入口までは雪深く、冬は普通の靴では行けません。したがってスノーシューを使って雪山を歩くことになるのですが、「そうや自然学校」で用意してくれているので、こちらで準備する必要はありません。

「冬の鍾乳洞探検」は、公園に続く道の途中から尾根を歩いて鍾乳洞に向かい、鍾乳洞内を見学したら、冬場は閉鎖されている車道を歩いて公園の駐車場に向かうコースで、全行程で3時間ほどかかります。 「鍾乳洞探検だけでなく、尾根を歩き自然を満喫できるので爽快ですよ」と三浦さん。

いよいよスタート地点に到着。車を降りスノーシューを履きます。履き方などていねいにレクチャーしてくれるので、スノーシューがはじめてという方も安心です。

▼スノーシューの履き方、歩き方をレクチャーしてもらいました
立派な氷筍や氷柱が現れる!道北の中頓別町で「冬の鍾乳洞探検」!

スノーシューを履いたら出発です。 雪のシーズン以外は熊笹などが生い茂っているため、歩くことのできない場所を進みます。普段は行けない場所が雪に覆われ歩ける様になるなんてドキドキ。歩き慣れていないスノーシューに戸惑いながらも心はワクワクしていました。

▼美しい景色を見ながら雪に覆われた尾根を歩きます
立派な氷筍や氷柱が現れる!道北の中頓別町で「冬の鍾乳洞探検」!

このコースでいちばん小高いところに着いたら少しの休憩です。360°どちらを向いても美しい景色が見られます。雪に覆われた山々を見ていると、まるでおとぎ話の世界に入り込んだような気分に浸れました。

▼静寂の中で聞こえるのは自分たちの足音と野鳥の鳴き声のみ
立派な氷筍や氷柱が現れる!道北の中頓別町で「冬の鍾乳洞探検」!

休憩が済んだら先へと進みます。スノーシューになんとなく慣れてくると周りの様子が気になり出します。周りを見るとあちこちに動物の足跡、耳を澄ませるとあちこちから野鳥の鳴き声が聞こえてきます。

「ウサギやキタキツネやエゾシカなどがいます。エゾクロテンとかエゾリスもいますね。運がよければ見ることができますが、人がいるとめったに出てきてくれません。動物だけでなく、アカゲラやオオアカゲラ、シマエナガなどの鳥類もいろいろいるんですよ」と上杉さんからお聞きしているその時、すぐ横をアカゲラが飛んでいきました。

雪の上に飛び出た笹の葉は貴重な食料なので、すぐにエゾシカやウサギに食べられてしまう、アジサイの開花が遅いので咲いているうちに寒くなり、そのまま自然のドライフラワーになっている、といった話を聞きながら歩いているうちに鍾乳洞の入口に到着しました。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。