旅する

一ヵ所で七つの絶景が楽しめる!「函館七飯ゴンドラ」でナナイロ天空旅

石簾マサ
Written by 石簾マサ

その昔「一粒で二度おいしい」なんてお菓子のキャッチフレーズがありましたが、ひとつの場所から七つの絶景を楽しめる場所が、七飯町にあります。七つの絶景とは、駒ヶ岳、大沼国定公園、噴火湾、羊蹄山、ニセコ連峰、室蘭、恵山。まさに「一粒で七度おいしい」状態です。

さっそく函館七飯ゴンドラに乗って、北海道ナナイロの天空旅を体験してみました。(トップ写真提供:函館七飯ゴンドラ)

山頂を散策しつつ4つの展望台を巡る

函館七飯ゴンドラへ行くには、新函館北斗駅北口と大沼公園駅から、それぞれ無料シャトルバスが運行しているので、車を持っていない人でも安心です。

▼函館七飯ゴンドラの乗り場
一ヵ所で七つの絶景が楽しめる!「函館七飯ゴンドラ」でナナイロ天空旅

ここでは函館七飯ゴンドラと呼んでいますが、冬季(12月上旬から4月上旬)は函館七飯スノーパークと名称が変わります。ゴンドラ山麓駅から3319メートルもの長い距離をロープウェイで上っていきます。

ちなみに所要時間も夏季と冬季で違うそうで、夏季は景観をじっくり楽しめるよう23分と長めに、冬季は大勢のスキー客のために15分と短めに、それぞれ設定されているそうです。

▼山頂にあるゴンドラの乗り場
一ヵ所で七つの絶景が楽しめる!「函館七飯ゴンドラ」でナナイロ天空旅

山頂には4つの展望デッキがあり、みなみ北海道の広大な景色をぐるり見渡せます。ゴンドラ山頂駅から近い順に、歩いて回ってみましょう。

▼展望デッキ山の広場から見た景観
一ヵ所で七つの絶景が楽しめる!「函館七飯ゴンドラ」でナナイロ天空旅

まずは展望デッキ山の広場。眼下に大沼国定公園を見ることができます。

▼展望の丘から見た景観(Entaniya Fisheye 250で撮影)

山の広場から林間遊歩道を抜けて歩いていくと、展望の丘に到着します。冬季は高速リフトの山頂にもなっている場所です。

▼紅葉の谷から見た景観(Entaniya Fisheye 250で撮影)

さらに歩いて、3つめの展望デッキ紅葉の谷へ。その名の通り、紅葉の季節にはカラフルな山の表情を楽しむことができます。

▼PEAK CAFEから見た景観(Entaniya Fisheye 250で撮影)

最後に訪れる展望台は、PEAK CAFE。ぐるり山頂散策をした最終地点がカフェとは、なかなかうれしい演出ではないですか。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】