旅する

北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

ニセコといえばスキーのイメージが強いかもしれませんが、実は夏のアクティビティも盛んです。その代表格が、最近人気急上昇のラフティング。実は北海道で最初にラフティングをやり始めたのが、ニセコのNAC(ニセコアドベンチャーセンター)なのです。

また、NACに1年を通して遊べる新たなアクティビティが2017年より誕生しています。その名も「NACアドベンチャーパーク」。ラフティングと併せて、ドキドキ体験の様子をご覧ください。

ラフティングでスリル満点の激流下り

▼ニセコにあるNACセンター
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

オーストラリア人のスキーインストラクター、ロス・フィンドレー氏がNACを設立したのは、1995年のこと。

当時、日本国内ではまだほとんど知られていなかったラフティングを北海道はニセコに持ち込みました。特別な技術や知識を必要とせず、誰でも楽しめるラフティングは、今や大人気アトラクションとして認知されるようになりました。

▼5名以上のツアーにはサポートのスィープボートも付く
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

ガイドが同乗するラフトボートに乗り、川を下っていきます。NACでは、川を知り尽くしたプロのラフトガイドがボートをコントロールするのはもちろんのこと、5名以上のツアーの場合はサポートにスィープボートも着くので、さらに安全です。

▼水しぶきに歓声が上がる!
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

激流を下るコースは迫力満点! 自然の川の流れにボートは右へ左へ揺さぶられ、頭で安全とは分かっていても思わず声を上げて大興奮。なかなかのスリルを体験することができます。激流を越える度に同乗者たちと頭上でパドルを合わせ、一体感が味わえるのも楽しいポイントです。

▼流れが穏やかなところも
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

川の流れが穏やかなところでは、わざと川へダイブしてみたりして、これまた楽しいひとときを味わうことができます。ドライスーツとライフジャケットを着用しているので、泳ぎがあまり得意じゃない人でも大丈夫。途中、サポートのスィープボートに特別に乗せてもらって、漕いでみたりして。

▼話題のラフティングをぜひ体験してみて
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

NACで体験できるラフティングは、3歳以上の子どもから参加できるファミリー向けのコースから、急流の連続するような激しいコースまで、実にさまざまです。初心者も上級者も満足できるラフティングは、一度挑戦してみる価値大いにあり。期間は11月上旬までなので、興味のある人は急いでください。

【動画】ラフティングを体験してみた!

ニセコサマーラフティング
期間:2018年6月1日(金)~11月5日(月)※11月6日以降は応相談
料金:大人6,150円 小学生4,100円 シニア(60才以上)5,150円
対象:小学生以上
時間:午前の部 9時30分~13時  午後の部 13時30分~17時

フランス発祥のアドベンチャーパーク

NACはサマーシーズンのアクティビティが有名ですが、シーズン問わず一年中遊べるアクティビティもたくさんあります。中でも2017年秋に誕生し、早くも話題沸騰となっているのが、アドベンチャーパークです。

▼NACアドベンチャーパーク
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

羊蹄山を一望できるトドマツの森の中に、世界各地でパークを手掛けているエストニアの職人とNACメンバーが、日本最大級のパークを作り上げました。

▼高さは最大13メートル!
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

見上げると、トドマツの木々がロープやハシゴで繋がっているのが分かります。そう、アドベンチャーパークでは、高所感抜群の樹上で、木から木へと移動していくのです。これはフランス発祥のアクティビティで、自然の木々を利用しているのが特徴的です。

▼クリキットの使い方などをレクチャー
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

スタート前に、ガイドからしっかりとレクチャーを受けます。ハーネスと直結したクリキットと呼ばれる2本の安全装置を装着します。1つのクリキットを外すともう1つはロックされるので、2つ同時に外れるということはありません。これは安心。ヘルメットもかぶって、準備万端です。

▼遊び要素いっぱいのエレメント
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

樹上に用意されたコースはエントリーレベルからエキスパートレベルまで、全8コース。それぞれのコースに用意されたエレメントを攻略しながら、空中を移動していきます。まるで森の中を飛び回っているみたい! 途中コースアウトしたい場合でも、ご心配なく。地上で見守っている救助スタッフがすぐに駆けつけてくれます。

▼気分爽快なジップライン
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

各コースの最後は、ジップラインで一気に降下。まるでモモンガが森の中を飛ぶように、勢いよく滑り降りていきます。この気分爽快なジップラインがやみつきになって、どんどんレベルを上げていく人もいるようです。

ちなみに参加条件は身長などの体格のみ。規定をクリアしていれば、保護者同伴で小学生以下でも体験できます。冬でも遊べるので、いつもながらのウィンタースポーツに飽きた人も、ぜひ挑戦してみては。

▼コースによってはバンジージャンプも
北海道で最初にラフティングを始めたニセコNACでドキドキ自然体験!

【動画】アドベンチャーパークに挑戦!

アドベンチャーパーク
期間:通年
営業時間:9時~17時
必要身長:
アドベンチャーコース 身長115cm以上
レッド・ブラックコース 身長140cm以上
備考:現地にトイレはありません。パーク移動前にトイレをお済ませください
その他:小学生以下の参加は小学生1~3名につき1名の保護者同伴が必要です
料金:公式サイト参照
NAC
所在地:北海道虻田郡倶知安町字山田179-53
電話:0136-23-2093
公式サイト
Facebook

モデル:寺本ゆりな

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】