旅する

登別に道内唯一の宿坊!観音寺で都会の喧騒から離れ、穏やかな朝を。

登別温泉といえば道外の方にもよく知られる指折りの温泉地で、近年は外国人観光客も多く訪れています。北海道ナンバーワンの温泉地と感じている方も多いことでしょう。

その温泉街の中に、大きなホテルとは趣の異なる北海道唯一と言っても良い宿があることはあまり知られていません。今回はその宿に実際に宿泊し、お話を伺ってきました。

登別温泉街の歴史を見つめてきた北海道唯一の宿坊

登別に道内唯一の宿坊!観音寺で都会の喧騒から離れ、穏やかな朝を。

その宿とは写真のお寺です。以前から温泉好きの方に「観音寺」と呼ばれているこちらのお寺は「浄土宗観音山聖光院」が正式な名称となります(※本文中では「観音寺」と表記します)。

いただいた縁起によりますと、1895年(明治28年)8月に室蘭市の飯島住職が現在の登別観光協会の近くに説教所と寺子屋を開設したのがお寺としての歴史の始まりで、同時にそれが登別温泉での教育の始まりでもありました。

しかし、開設から10年ほどで建物が焼失、再建されるも無住となり一旦解体。飯島師の弟子である渋谷隆道師が新たに住職となり、1952年(昭和27年)に現在の場所に新寺が建立され今に至ります。

▼本堂
登別に道内唯一の宿坊!観音寺で都会の喧騒から離れ、穏やかな朝を。

日本の歴史を辿ると、人を癒す温泉の力は神仏への信仰と結びつき、多くの温泉地で温泉と寺社は密接な関係となっていきました。元々アイヌの人々によって利用されていた登別温泉も例外ではなく、滝本金蔵が宿を作り温泉地としての歴史を歩み始めてから最も多い時で5軒もの寺院があったそうです。

現在は3軒のお寺がありますが、そのうち1軒は無住。観音寺は温泉街の歴史を静かに見つめてきた貴重なお寺と言えるかもしれません。

▼玄関前にある温泉の手湯
登別に道内唯一の宿坊!観音寺で都会の喧騒から離れ、穏やかな朝を。

玄関前の温泉の手湯で訪れる人を迎えてくれるこちらのお寺は、北海道では非常に数少ない宿坊としての一面も持っています。

宿坊とは本来、僧侶や参拝者が宿泊するための施設ですが、こちらは1962年(昭和37年)にユースホステルとしての営業を始めており、1992年(平成4年)まで開かれたお寺として広く宿泊客を受け入れてきました。ピーク時は観音寺だけで全員を収容できず、他のお寺にお願いして受け入れてもらうほど宿泊客が訪れて賑やかだったということです。

ユースホステルを営んでいた住職ご夫婦が他界されたため宿泊施設としては一旦休業していましたが、このお寺で生まれ育った現在の住職、渋谷隆芳師が宿を再開させ宿坊としての歴史が再び続くことになりました。

登別温泉には過去に観音寺を含め2軒の宿坊がありましたが、現在は観音寺の1軒のみ。温泉街で唯一の存在であるだけでなく、宿坊でなおかつ温泉もあるお寺は北海道全体を探しても見当たらないため、北海道で唯一の宿と言って良いかもしれません。

筆者について

温泉ソムリエ・のん

温泉ソムリエ・のん

1974年生まれ、江差町出身。日帰り温泉の湯守をしながら、年間100軒以上の温泉を巡る。温泉ソムリエマスター・温泉入浴指導員ほか6つの温泉資格を持つ。「北海道は1つの大きな温泉郷」をモットーに、全道を走り回っている。