旅する

水族館も科学館も見ごたえあり!稚内市ノシャップ岬の楽しみ方

科学館を見学して、夕日でクライマックス

「ノシャップ寒流水族館」に隣接しているのが「稚内市青少年科学館」です。地球温暖化などについて学べる環境展示コーナーをはじめ、最北端の科学館らしく本物の雪上車を展示したコーナーもあり、子どもはもちろん、大人も興味深く見学できそうです。

▼実際に見る雪上車は迫力満点
水族館も科学館も見ごたえあり!稚内市ノシャップ岬の楽しみ方

また、この科学館が充実しているのは、なんといっても南極観測隊にまつわる展示です。

▼南極観測船や砕氷艦の模型がズラリ
水族館も科学館も見ごたえあり!稚内市ノシャップ岬の楽しみ方

数多く展示された写真パネルを見ながら、昭和の時代に南極観測隊が日々どのように工夫を重ねていたのか、思いを馳せてみるのもいいかもしれません。

▼あまりにも有名な、タロとジロの物語
水族館も科学館も見ごたえあり!稚内市ノシャップ岬の楽しみ方

さらには貴重な南極昭和基地の居住棟まで展示されており、極寒での調査がどれほど厳しいものであったか、肌で感じることもできます。

▼実際に使用されていた居住棟
水族館も科学館も見ごたえあり!稚内市ノシャップ岬の楽しみ方

水族館で遊び、科学館で学んだら、そろそろ夕刻に近づいてくる頃。実はノシャップ岬は、稚内市随一の夕日の景勝地としても知られています。ぜひ夕日の時間までこの場にいて、美しい景観をじっくり味わってみてください。

▼遠浅の海に夕日が沈むロマンチックな時間(写真提供:稚内市役所)
水族館も科学館も見ごたえあり!稚内市ノシャップ岬の楽しみ方

ノシャップ岬の観光スポット、いかがでしたか? 家族で訪れても、カップルで訪れても、それぞれに有意義な時間が過ごせそうなノシャップ岬。もちろんここですべてを紹介できたわけではないので、実際に訪れて、自分なりのオリジナルな旅を模索してみるのもいいかもしれません。

ノシャップ寒流水族館・稚内青少年科学館
開館期間
・夏期間:4月29日~10月31日
・冬期間:11月1日~11月30日、2月1日~3月31日
開館時間
・夏期間:9時~17時(入館は15時40分まで)
・冬期間:10時~16時(入館は15時40分まで)
休館日
 4月1日~28日、12月26日~翌年1月31日
入館料:大人500円、小・中学生100円
水族館ホームページ
稚内青少年科学館

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。