旅する

趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

石簾マサ
Written by 石簾マサ

十勝といえば広大な大地をイメージする人も多いかと思います。そんな十勝で、個人の趣味ではじめられた庭づくりが、今や壮大なガーデンとなって観光客で賑わっていると聞きました。なんでも無料で開放されており、たくさんの木々や花が植えられ、小川が流れ、牛やポニーまでもいるのだとか。いったいどんな場所なのか、訪れてみました。

趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

進化し続けるヌップクガーデン

趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

ガーデンの名前は、十勝ヌップクガーデン(以降ヌップクガーデン)といいます。帯広駅から南方向にあり、直線距離で約15kmに位置します。帯広から行くなら、浦河町までを結んでいる国道236号線(広尾国道)を利用するといいでしょう。

▼ヌップクガーデンMAP(提供:東洋印刷(株))
趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

ヌップクガーデンの広さは、なんと4ヘクタール。その敷地内に、イチョウ、エゾヤマザクラ、ハルニレ、もみじ、ライラックなど80種類以上の樹木、アジサイ、バラ、ブルーベリー、ルピナス、芝桜、チューリップ、ユリなど120種類以上の花が植えられています。

▼ヌップクガーデン内を流れる川
趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

園内には水源が3ヶ所あり、川となって流れています。その3本が1つにまとまり、ヌップク川となっているのです。ヌップクとはアイヌ語で平野を流れる川のこと。そこからガーデンの名前が付けられました。

▼ヌップク川を泳ぐニジマス
趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

気になるのは、このヌップクガーデンが個人の庭だということ。どのような経緯でこれほど立派なガーデンができあがったのか、マネージャーの平井さんにお話を伺いました。

「この場所は、オーナーの吉川さんが経営していた牧場の一部でした。飼料や機械を置く倉庫があったのですが、使わなくなったため処分したところ、ずっと手を入れていなかったので原野のようになってしまったのだそうです」

そこで、ここをきれいにしようと、オーナー夫婦が自分たちで木を伐採したり、土を入れたりするうちに、庭づくりがはじまったといいます。今から10年ほど前のことでした。

▼オーナーの吉川広司さん(左)とマネージャーの平井彰さん(右)
趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

庭づくりはこだわりを増し、やがて友人知人が見学が訪れるほどに。そこでみんなで食事ができるレストランもつくったところ、評判が評判を呼び、やがてはガーデンも無料で開放するようになりました。

▼2012(平成24)年8月にオープンしたレストラン
趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

「自然の草花の美しさを保つには、きちんと手を掛けてあげなくてはいけません。ガーデニングには終わりがないのです。まだまだ花の種類も増やしていきたいですしね」と、オーナーの吉川さん。

▼小川には木製の水車が
趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

今年(2017年)は、蘭とミニ水族館をオープンさせました。ずらり並んだ鉢植えの蘭と、鯉や金魚など11種類1,000匹以上が展示されています。

▼今年7月にオープンした蘭とミニ水族館がオープン
趣味ではじめた庭づくりが観光地に―帯広「十勝ヌップクガーデン」

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】