旅する

北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?

石簾マサ
Written by 石簾マサ

北海道三大秘湖のひとつオコタンペ湖は、最近まで見ることができませんでした。2014(平成26)年9月に発生した大雨による土砂崩れで道路が封鎖されていたのです。ようやく今年(2017年)、道路の一部が開通。さっそくオコタンペ湖に行ってきました。

北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?

約3年ぶりに一部区間の通行禁止が解除

北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?

北海道三大秘湖をご存じでしょうか? 今回紹介する千歳市にあるオコタンペ湖と、足寄町(あしょろちょう)にあるオンネトー、上士幌町にある東雲湖(しののめこ)を総称してそう呼びます。

季節や時間帯、太陽の当たり方、撮影する角度などによって、コバルトブルーになったりエメラルドグリーンになったり、色がさまざまに変化する不思議な湖ということが、そう呼ばれるようになった所以です。

▼撮影する位置によって色がさまざまに変化する
北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?
北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?

オコタンペ湖は、先にも書きましたが、2014年の道路封鎖により行くことができませんでした。しかし、2017年5月25日に国道453号線より道道78号線に入るゲートから湖の展望台付近までの3kmほどの区間の通行禁止が解除されました。

▼国道453号線から道道78号線への入口。
北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?

ただし、オコタンペ湖展望台より少し先はまだ通行止めになっていますので、その先に行くことはできません。

▼通行止めのため支笏湖方面に通り抜けることはできない
北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?

なぜこんなにも湖の表情が変化するのか?

オコタンペ湖は、約2,000年前に発生した恵庭岳の火山活動により、火口から北西方面に流れた溶岩で沢がせき止められ、水が滞留して生まれた湖です。湖に流れ込む水は、漁岳(いざりだけ)、小漁岳(こいざりだけ)からの沢水・湧水で、湖からはオコタンペ川として支笏湖へ流れて出ています。

▼オコタンペ展望台からはこれぐらいしか見ることができない
北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?

オコタンペ湖の面積は0.4平方kmで、周囲6.5km、最大水深7m、平均水深4.4m、湖面の標高は599mです。(北海道環境科学研究センター「北海道の湖沼 改訂版2005」より)

水深の浅さ、湖面の反射、時間変化による太陽光の位置、波による反射、湖面周辺の木々の色の反射などなど、複数の要素が複雑に絡み合うことで、色の変化が起きているのだと今回取材協力をお願いした支笏湖ビジターセンターの方にお聞きしました。

▼撮影する角度を変えるだけで色が変化する
北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?

気になるオコタンペ湖の名前の由来は、オコタンペ川を意味するアイヌ語「オ・コタン・ウン・ペ」(川下・集落・ある・もの)から。オコタンペ川の源流部にある湖であることから、湖沼を意味する「ト」を語尾につけて「オコタヌンペ・ト」と呼ばれていたのだそうです。

札幌の中心部から車で約1時間で行くことができるオコタンペ湖。これから訪れる紅葉の季節には、さらに美しいオコタンペ湖が見られるはずです。ちょっと足を伸ばして訪れてみてはいかがでしょうか。

▼紅葉とオコタンペ湖(2012年撮影)(写真提供:支笏湖ビジターセンター)
北海道三大秘湖「オコタンペ湖」―その色が美しく変化する理由とは?

【動画】オコタンペ湖を上空から眺めてみた(許可を得てドローン飛行・撮影をしています)

オコタンペ湖
所在地:北海道千歳市奥潭(おこたん)
問い合わせ先:0123-25-2404(支笏湖ビジターセンター)
情報ページ

取材協力
支笏湖ビジターセンター
問い合わせ先:0123-25-2404
公式サイト

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】