旅する

100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村

北海道の中心的な商都としての古い歴史を有する小樽には、当時の銀行や商社などの建造物、倉庫が多く残り、その貴重な古い街並みは運河とともに小樽の観光地の中でも人気のスポットです。

しかし、元の所有者たちがそのまま使用している建物はあまりなく、規模が大きいものほど、その保存や補修に莫大な費用がかかるため、取り壊しに至ることも少なくありません。

歴史的建造物群の中でも旧日本銀行小樽支店と並ぶ、ランドマーク的な存在、旧三井銀行小樽支店は日本建築有数の曾禰中條建築事務所が設計、1927(昭和2)年に竣工、2002(平成14)年まで現役の銀行として稼働していました。

その後、別の会社が所有し、建物内は公開せずに外観のライトアップなどを行っていました。2016(平成28)年、北海道生まれのホームファニシング事業を全国展開する株式会社ニトリが所有者となり外装、内装の全面改修を行い、旧三井銀行小樽支店に再び灯りがともることとなりました。

小樽芸術村

▼小樽芸術村の全体図(提供:株式会社ニトリパブリック)
100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村

ニトリが運営母体となり、2017(平成29)年9月1日に旧北海道拓殖銀行小樽支店を修繕した「似鳥美術館」の開館とともにグランドオープンした小樽芸術村は、テーマを"20世紀初頭の日本の近代化と発展″とし「アールヌーヴォー・アールデコグラスギャラリー」(似鳥美術館地下1階)「旧三井銀行小樽支店」「ステンドグラス美術館」の3館にその前後の建築と美術品の展示を行っています。

「世界が近代化を躍進的に進めた100年前に思いを馳せ、当時に思いをめぐらせ、エネルギーを感じ、次の100年を作って行きたい」。それが小樽芸術村です。

今や世界的な企業のニトリですが、元々札幌に本社を置く道内の企業のため、お世話になった北海道の方々に何かの形で貢献したいという思いや、かつて北海道一の港都だった小樽の繁栄の証、価値ある歴史を持つ近代建築の建造物の保存活用と、その頃の活気の再燃を願い、芸術に触れることで、豊かな気持ちと感動する心を育み、小樽から世界へ発信する場所にしたいというニトリホールディングス似鳥昭雄会長の熱い願いが小樽芸術村開設へ至ったそうです。

小樽芸術村の所蔵美術品は、そのスケールのダイナミックさで、短時間ではとても回り切れません。観光途中に訪れた観光客の方からも、「今回は時間がなかったので、次は小樽に宿泊してこちらを目的にゆっくり訪れます」といった声も度々聞かれるそうです。

入館は3館共通チケットで、1館ごとの認証なので3館とも別の日に行くことも可能で、自分のペースでゆったりと空間を堪能できます。(チケットの価格、詳細については、文末に記載。)

次の章では、それぞれの館の展示、所蔵品等をご紹介します。

似鳥美術館

▼似鳥美術館外観(提供:株式会社ニトリパブリック)
100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村

建物は1923(大正12)年建造の旧拓殖銀行小樽支店。小樽出身のプロレタリア作家、小林多喜二が働いていたことでも知られ、1969(昭和44)年に銀行としての用途を終えた後、美術館やホテルとして利用されていました。

2017(平成29)年9月1日に開館した「似鳥美術館」は、度肝を抜かれるほどの迫力ある展示の数々に、「美術館疲れ」してしまう来場者も少なくないとか。

エレベーターで昇った4階のフロアに降り立つと、目に飛び込んでくるのは、横山大観、川合玉堂、片山球子、平山郁夫、東山魁夷など日本屈指の日本画家たちの代表作の数々。

100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村 100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村 100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村

美術館などで開催される「~展」や、教科書、美術書に登場する著名な画家たちの名作がワンフロアにこんなにもたくさん並んでいるのは、驚きの光景。

3階は日本、海外の洋画が展示されています。話を伺った小樽芸術村学芸員の山田菜穂さんの一押しは岸田劉生。

作品があることは知られていながら50年余りの間、消息不明で幻の作品と言われた「黒き土の上に立てる女」は、発見された後に似鳥会長の元へ。そして今、似鳥美術館で人々の目に触れることとなった作品です。岸田劉生は早逝の画家のため多くの作品を遺していませんが、中でも似鳥美術館で展示されているものは彼の画家成熟期と言われる時代の作品で、その気迫あるパワーが見るものたちに伝わります。

100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村
(提供:株式会社ニトリパブリック)

2階では高村光雲とその弟子たちの木彫、棟方志功などの展示もあり、どこのフロア、作品も全てひとつひとつが見劣りすることのない主役です。

100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村
(提供:株式会社ニトリパブリック)

100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村

1階で無料の音声ガイダンスの貸し出しも行っており、作品の背景を聴きながら鑑賞することができます。

100年の歴史と美術の融合・100年後を創る新しい文化の拠点―小樽芸術村

また、山田さんによると、こちらの美術館にはニトリに因んだ様な「2つの鳥」をモチーフにした作品が自然と集まってくるそうで、それを探してみるのも別の楽しみ方です。

館内の作品は、不定期で2~3カ月に一度ぐらい新しい作品がお目見えしており、何度訪れても新鮮さを感じられます。

筆者について

Eriko.N

Eriko.N

歴史と自然が織りなす小樽の風景や出来事を切り取ります。毎日違う色や表情を見せてくれる海、山、街並み。そこに重なる人々の熱さ、優しさ。そして、美味しさ溢れる安心の海の幸、山の幸の宝庫。何かが見つかる小樽情報、覗いてください。