旅する

「ホテルノイシュロス小樽」のてっぺんは回転展望レストランなのか?

小樽を訪れた際、とても気になる建物を見つけました。一見するとよくある四角い建物なのですが、その上に円型状の展望台のようなものが付いています。

そこでふと思い出したのが、以前北海道ファンマガジンで取材した、札幌のセンチュリーロイヤルホテルの回転展望レストラン。小樽のそれも、回転展望レストランなのでしょうか。しかし、センチュリーロイヤルホテル側は「道内ではここだけ」と言っていたはず。どうにもこうにも気になったので、突撃取材してみました。

気になる建物の正体とは、果たして?

▼ウィーンのお城のようと称される外観
「ホテルノイシュロス小樽」のてっぺんは回転展望レストランなのか?

近づいてみると、そこは「ホテルノイシュロス小樽」(以下ホテルノイシュロス)というホテルでした。ということは、やはりセンチュリーロイヤルホテル同様、回転展望レストランがあるのでしょうか?

「確かに、以前は回転展望レストランでした」
やっぱり! ホテルノイシュロスのスタッフから予想通りの回答を得て、思わずこぶしを握りました。
「でも現在は回転していませんし、レストランとしても使用していません」
なんと、続いて飛び出したスタッフの証言に、今度は肩透かしを食らった思いです。

▼海を見下ろす絶好のロケーション
「ホテルノイシュロス小樽」のてっぺんは回転展望レストランなのか?

現在は回転展望レストランではないとすれば、一体、あの丸い部分はどうなっているのでしょうか。答えは、実際にそこへ上ってみて分かりました。

▼廊下の避難経路図にヒントが!
「ホテルノイシュロス小樽」のてっぺんは回転展望レストランなのか?

なんと、ホテルの客室として生まれ変わっていたのです。しかもあの大きな円型スペースを贅沢に4分割して、スイートルームとして使っているというではありませんか。もともと展望レストランだったわけですから、その眺望の素晴らしさは言わずもがな。どこまでも続くパノラマビューが、宿泊している間は自分だけのものになるのです。

気になるスイートを少しだけご紹介

こうなったら、俄然、部屋の様子が気になります。4種類あるスイートのうち、2つの客室を見せてもらいました。まずは、ツインタイプのスイートルームです。

▼オーシャンビュー スイートツイン
「ホテルノイシュロス小樽」のてっぺんは回転展望レストランなのか?

シンプルなインテリアで、モダンな雰囲気です。内装がすっきりしているため、窓からのオーシャンビューこそ主役なのだと感じられます。

▼ツインのベッドルーム
「ホテルノイシュロス小樽」のてっぺんは回転展望レストランなのか?

ベッドルームも、装飾を抑えた大人の雰囲気。ベッドに寝転がって、いつまでも海の青を眺めていたくなります。

▼バスルームもオーシャンビュー
「ホテルノイシュロス小樽」のてっぺんは回転展望レストランなのか?

ホテルノイシュロスの客室は、すべて窓開閉式で海に面しています。つまり、バスタイムにも波の音や海の香を感じることができるというわけです。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】