旅する

イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

石簾マサ
Written by 石簾マサ

おたる水族館は、12月中旬から2月の下旬までの冬期営業と3月中旬から11月下旬までの通常営業の二期に分かれて営業しています。冬期には、海獣公園が閉鎖されますので、人気のトドやセイウチを見ることができません。しかし、ペンギンの雪中さんぽやペリカンの館内ウォークなどを見ることができ、シーズンによって楽しみが違います。

3月18日より、いよいよ今年(2017年)の通常営業がはじまります。そこで、通常営業がはじまる前に海獣公園のセイウチやトドたちの飼育現場に潜入させていただきました。

イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

自然に近い生きものの姿が見られる

イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

おたる水族館のコンセプトは「自然の再現」。飼育下という人工的な中でも生きものたちが本来の姿や能力を見せてくれるような飼育展示環境を創り出すことにより、生きものたちの取り巻く自然を再現することを追求しています。

お客さんには、そういう環境で飼育されている生きものたちのイキイキとした眼、姿を見ていただきたいとおたる水族館は考えています。

▼かわいらしい容姿で人気のフウセンウオ
イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

館内は、本館、イルカスタジアム、海獣公園と、大きく3つに分けられています。

本館には、海のパノラマ回遊水槽やネズミイルカのほのぼのプールやタッチコーナー「さわってEzone」などがあり、ほ乳類、鳥類、は虫類、魚類などが飼育展示されています。

▼海のパノラマ回遊水槽で見られる1mを超える「オヒョウ」(写真提供:おたる水族館)
イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

中でも世界的に飼育例が少ない「ネズミイルカ」は、人が近づくと寄ってきてこちらを眺めたり首を振ったりなど愛嬌たっぷりのかわいらしさ。ただし、現在(2017年3月17日)、メスのアツコが妊娠中のため閲覧を中止しています。出産予定は5月頃ということです。

▼北海道沿岸に生息している小型の鯨類で、未だ詳しい生態や習性がわかっていない「ネズミイルカ」(写真提供:おたる水族館)
イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

おもしろいのはコツメカワウソの展示です。通路をはさんで両サイドに水槽があり、上下がトンネルで繋がっています。トンネルは透明なので、おちゃめなコツメカワウソがあっちに行ったりこっちに来たりするさまを見ることができるようになっています。

▼かわいらしいコツメカワウソ
イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

▼コツメカワウソの展示スペース
イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

上のトンネルでは走る姿を見ることができ、下のトンネルでは泳ぐ姿を見ることができるようになっています。

▼下のトンネルを泳ぐコツメカワウソ(左)と上のトンネルにいるコツメカワウソ(右)
イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

タッチコーナー「さわってEzone」では、浅めの水槽の中にいるウニやヒトデ、タコなどに触ることができます。

▼「さわってEzone」でウニやタコに触ってみよう
イルカ・アザラシ・トドのショーも人気!「おたる水族館」の楽しみ方

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】