旅する

道内唯一!完全バリアフリーのホテル「あすなろ」が道南・乙部町に

「バリアフリーのホテル」と聞くと、どんなことを想像されるでしょうか。床に段差がない・車椅子でも入れるトイレがあることなどを挙げる方が多いかもしれませんが、ほとんどの宿泊施設では館内の一部のフロア、一部の部屋がそうなっているのが現状です。

そのような中、道南の小さな町である乙部町に「完全バリアフリー」を謳うホテルがあります。今回はその「バリアフリーホテルあすなろ」に宿泊して、施設長の角花千都子さんにお話を伺うことができました。

どんな方でも気兼ねなく宿泊できるホテルを

同ホテルは、江差町を中心にグループホームなど計41施設を有する社会福祉法人・江差福祉会が運営しています。ホテルはもともと化粧品会社が建設し営業していましたが、 2014年2月をもって閉館。乙部町からホテル運営の打診を受けた同法人が、建物を改装して2015年4月から営業を始めました。

社会福祉法人として旅行で各地に出かけた際に、障がいのある方への宿泊施設の対応がネックになる場合が何度もあったそうで、そのような利用者側としての経験から、「どんな方でも気兼ねなく宿泊できるホテルを造りたい」という理事長の想いが形になった施設とのことです。

その想いを実現するため、建物の形こそ以前と変わらないものの、館内はほぼ作り直されたと言ってもよいほど手が加えられました。それだけではなく、初めてのホテル経営で経験者がほとんどいなかったため、札幌市内にある大手ホテルのスタッフに研修等のさまざまな分野でサポートを受けながら開業に至ったということです。簡単な道のりではなかったことが容易に想像できます。

このホテルを「完全バリアフリー」と呼べる理由は2つ。(1) ハード面(設備)でのバリアフリーと (2)ソフト面(スタッフ)でのバリアフリーの両方を実現しているところにあります。

(1) ハード面で徹底―車椅子のまま内風呂・露天風呂・サウナへ

まずハード面でのバリアフリーについては、書ききれないほどに徹底されています。館内は全面改装によってフロント・ロビー、レストラン、大浴場、客室に至るまですべてが車椅子で移動できる段差のない造りになっています。

▼レストラン
道内唯一!完全バリアフリーのホテル「あすなろ」が道南・乙部町に

車椅子を使用している方への細やかな配慮は床材にも。毛足の長い床材は車椅子のタイヤに絡んで移動しにくくなるため、廊下の床にはタイヤの動きに干渉しにくい硬質タイルカーペットが使われています。

▼廊下には硬質タイルカーペット。なお館内のトイレはオストメイト対応
道内唯一!完全バリアフリーのホテル「あすなろ」が道南・乙部町に

客室はカードキーで入室できますが、一般的なホテルのようなカードを差し込むタイプではなく、カードをかざすと開く自動ドアタイプです。ドアの開閉は通常の自動ドアに比べてゆっくりで、その間部屋の中が見えてしまう難点はありますが、車椅子で部屋を出入りする際にかかる時間まで考慮された非常に親切な造りとなっています。

▼客室は全室自動ドアとなっている
道内唯一!完全バリアフリーのホテル「あすなろ」が道南・乙部町に
道内唯一!完全バリアフリーのホテル「あすなろ」が道南・乙部町に

客室は洋室のみで、全ての客室に1台の電動リクライニングベッドが用意されています(2台の部屋もあり)。

▼リクライニングベッドは全室に設置されている
道内唯一!完全バリアフリーのホテル「あすなろ」が道南・乙部町に

ベッド以外のスペースにも十分な余裕があります。例えば、もともとバストイレだったスペースはユニットバスが撤去されてトイレだけになり、車椅子でターンできる広さとなりました。当然ながら手すりなども設置されています。

▼ユニットバスが撤去され広々とした客室のトイレ
道内唯一!完全バリアフリーのホテル「あすなろ」が道南・乙部町に

AirBookmark

筆者について

温泉ソムリエ・のん

温泉ソムリエ・のん

1974年生まれ、江差町出身。日帰り温泉の湯守をしながら、年間100軒以上の温泉を巡る。温泉ソムリエマスター・温泉入浴指導員ほか6つの温泉資格を持つ。「北海道は1つの大きな温泉郷」をモットーに、全道を走り回っている。