旅する

海に向かって1㎞続く白樺並木に感動!八雲町「噴火湾パノラマパーク」

石簾マサ
Written by 石簾マサ

北海道の南にある渡島半島の東側に内浦湾があります。湾の周囲に活火山が多いため、噴火湾とも呼ばれています。噴火湾の西側にあるなだらかな丘陵に、噴火湾とその先にある山々まで見渡すことができる絶景スポットがあります。それが噴火湾パノラマパークです。

海に向かって1㎞続く白樺並木に感動!八雲町「噴火湾パノラマパーク」

噴火湾パノラマパークと白樺並木

▼噴火湾パノラマパークからの眺望(Entaniya Fisheye 250で撮影した写真)

噴火湾パノラマパークは、2006(平成18)年6月24日に北海道立の公園としてオープンしました。管理は八雲町が行っています。広さは62.7haあり、敷地の中には、ユニークな遊具のある「まきばの冒険広場」や「パークゴルフ場」や「オートキャンプ場」なども併設されています。

▼オートキャンプ場から眺めるまきばの冒険広場、その先に見えるのは噴火湾
海に向かって1㎞続く白樺並木に感動!八雲町「噴火湾パノラマパーク」

▼広大な敷地を迷わないよう建てられている看板。奥に見える建物がパノラマ館
海に向かって1㎞続く白樺並木に感動!八雲町「噴火湾パノラマパーク」

噴火湾パノラマパークからは、噴火湾が見られるだけでなく、天気がよければ湾の向こう側に羊蹄山、有珠山、さらには室蘭の地球岬までも見ることができます。その名の通りパノラマ状に景色を堪能できるというわけです。

なだらかな丘陵には芝生が敷き詰められていて、寝転がったり、シートを広げてお弁当を食べたり、思い思いの過ごし方をする人が見られます。

▼国道5号線から噴火湾パノラマパークまでの緩やかな登り道には白樺並木が
海に向かって1㎞続く白樺並木に感動!八雲町「噴火湾パノラマパーク」

ここで見逃せないのは、大沼国道と呼ばれている国道5号線から噴火湾パノラマパークまで、約1kmに渡って続く白樺並木です。白樺の本数は300本以上。思わずアクセルを緩めじっくりと見たくなってしまう景色です。道路脇に車を停めて撮影している人も少なくありません。

▼噴火湾パノラマパークから国道5号線までの下り坂から白樺並木の向こうに噴火湾が見える
海に向かって1㎞続く白樺並木に感動!八雲町「噴火湾パノラマパーク」

この噴火湾パノラマパークは、道央自動車道のインターチェンジ「八雲パーキングエリア」に併設されています。通常のこぢんまりしたパーキングエリアとは異なり、パノラマパークすべてを楽しむことができるので運転の疲れが癒やせるだけでなく、観光地としても楽しめます。

ただし、パーキングエリアなので、ここからは高速道路に入ることも出ることもできないことに注意して下さい。

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。