旅する

利尻島に人気アニメキャラクターがズラリ!これはいったい何なの?

編集部
Written by 編集部

利尻島に人気アニメキャラクターがズラリ!これはいったい何なの?

【利尻町】利尻島をまわっていると実に興味深い場面に出くわすことがあります。その一つが、「人気アニメキャラクター人形大集合」。利尻町沓形の消防署前に、モアイ像のようにズラリと勢ぞろいしているのです。いったいこれは何なのでしょうか?

トトロ、キティ、ルフィ―、プーさん……

場所は、利尻町沓形市街地から島を一周する道道108号線で南方向へ。利尻町森林公園近くの道道沿い、ちょうど利尻礼文消防事務組合消防署前にあたります[地図](衛星写真でも並んでいるのを確認できる)。消防署の建物から道道を挟んで向かい側の道道沿いにズラリと並び、目を引きます。

並んでいるキャラクターは実に多彩。海に向かって左手から、ハム太郎、トトロ、プーさん、ルフィ、ゲゲゲの鬼太郎、キティが並びます。張りぼてになっているものが台座に鎮座している格好で、高さは約3m近く。近づくと意外と大きいことがわかります。

これらは実は「山車」としてイベントで使われたものだった

町によれば、これらのキャラクターを模した張りぼては、町で毎年8月に開かれているイベント「利尻浮島まつり」のために、以前、消防署職員が製作したものだそう。例えば、2007年は「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターを山車にし、ゲゲゲのリズムに合わせて妖怪たちと妖怪ダンスをしています。このとき町役場は「鬼太郎の家」で参加、消防署とコラボした形となりました。

山車は、張りぼてにFRPで硬化し、屋外に長期間飾っておくことが可能に。イベント終了後も消防署前に展示しておき、現在では地元の子供たちに人気を得ているほか、「ようこそ利尻島へ」の歓迎ボードを掲げたり、防災のシンボルともなってきました。

利尻島に人気アニメキャラクターがズラリ!これはいったい何なの?

かつては、クレヨンしんちゃん、ウルトラマン、ロボコンも

これら展示するキャラクター山車は、これまで度々変更されてきました。

例えば、2006年までは、左から順に、ピカチュウ、ハム太郎、クレヨンしんちゃん、ウルトラマン、ルフィ、ロボコン、キティの7体が展示されていたことがありますし、2007年以降2010年までは、クレヨンしんちゃんとウルトラマンとロボコンから、トトロとプーさんとアトムとゲゲゲの鬼太郎に変更、計8体に。2011年以降は、左から順に、ピカチュウ、ハム太郎、トトロ、プーさん、ルフィ、ゲゲゲの鬼太郎、キティとなっていました。現在は、新たに展示に加わるキャラクター山車はない模様です。

かつて消防署職員が丹精を込めて作ったキャラクター山車は完成度も高く、素晴らしい出来です。道内では交通安全のためにキャラクターを模した大型人形が置かれているところもありますが、これほど多種多様なキャラクターが並んでいるのも珍しいでしょう。雪解け時期には、利尻山に「ピカチュウの雪形」が現れることでも知られる利尻島。子供たちも楽しめる利尻町の隠れた名所として、合わせて、足を止めてみてはいかがでしょうか。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。