旅する

手ぶらでキャンプが可能!ニセコリバーサイドヒルキャンプ場が誕生

キャンプがにわかに注目を集めています。そのスタイルも今やさまざまで、ソロキャンプと称してひとりで決行する強者もいれば、キャンピングカーで各地のオートキャンプ場を回る人、グランピングでホテル並みの豪華な滞在を満喫する人など、みなさん思い思いに楽しんでいるようです。

中でも最近増えてきたのが、手ぶらでキャンプ場へ赴き、その場で必要なものをレンタルするというスタイル。2018年7月にオープンしたばかりの「ニセコリバーサイドヒルキャンプ場」も、まさにそんな手軽さが実現するキャンプ場ということで、さっそくお邪魔してきました。

至れり尽くせりのキャンプがリーズナブルに

▼左手に小さく見える、ニセコリバーサイドヒルキャンプ場
手ぶらでキャンプが可能!ニセコリバーサイドヒルキャンプ場が誕生

JRニセコ駅から歩いて約20分、わずか2kmほど離れた場所に、ニセコリバーサイドヒルキャンプ場があります。上の写真で見ると分かるように、その名称通り川の側の丘の上につくられたキャンプ場で、約800㎡もの広さを誇ります。

▼写真右が羊蹄山、左がニセコアンヌプリ
手ぶらでキャンプが可能!ニセコリバーサイドヒルキャンプ場が誕生

周りは木々に囲まれ、遠くには羊蹄山やニセコアンヌプリもある絶好のロケーションです。2018年7月中旬にオープンしたばかりとあって、施設自体が新しいのもうれしいポイント。どういった施設なのか、何が揃っていてどんなことができるのか、気になるところを見ていきましょう。

▼真新しい芝生にテンションが上がりそう
手ぶらでキャンプが可能!ニセコリバーサイドヒルキャンプ場が誕生

オープンオートサイトには最大15台の車が駐車可能で、駐車料1,000円で車を横付けにしてテントを張ることが可能です。上の写真奥に見える芝生スペースはフリーサイトで、10組ほどキャンプができる広さがあります。さまざまなテントがレンタルできるので、ファミリーテント(2,000円)やツーリングテント(1,000円)など、手ぶらで訪れても人数や用途によって選べます。

▼テントのレンタル料金もリーズナブル
手ぶらでキャンプが可能!ニセコリバーサイドヒルキャンプ場が誕生

もちろん、マット寝袋(500円)やテーブル(500円)とイス(300円)など、さまざまなアイテムもレンタル可能。手ぶらテントBBQセット(2名様用5,000円~)なら、キャンプに必要なあらゆるものが揃うので、さらに便利でお得です。

▼必要なものがすべて揃うので安心
手ぶらでキャンプが可能!ニセコリバーサイドヒルキャンプ場が誕生

また、施設内には3棟のバンガローもあり、早くも人気を集めています。

▼左手前から「SOGA」「NISEKO」「YOTEI」
手ぶらでキャンプが可能!ニセコリバーサイドヒルキャンプ場が誕生

バンガローはそれぞれ、4.5畳の広さで2~3人用の「SOGA」、6畳ロフト付きで4~7人用の「NISEKO」、8畳ロフト付きで5~10人用の「YOTEI」と、ニセコらしい名前が付いています。

▼ロフト付きの「YOTEI」内部
手ぶらでキャンプが可能!ニセコリバーサイドヒルキャンプ場が誕生

ちなみにレンタル料は「SOGA」はマットシュラフ3組付きで5,000円、「NISEKO」はマットシュラフ4組付きで6,000円、「YOTEI」はマットシュラフ5組付きで8,000円と、こちらもかなりリーズナブル!

▼マットシュラフは1組追加毎に500円プラス
手ぶらでキャンプが可能!ニセコリバーサイドヒルキャンプ場が誕生

施設利用料は大人1泊700円、小学生400円(幼児は無料)と別途かかりますが、それでも破格の安さです。テントを張るにしてもバンガローに滞在するにしても、新しくきれいな施設をこれだけリーズナブルに利用でき、さらには何も用意せずに手軽に楽しめるとあって、これからますます人気が高まるのは必至。週末のキャンプなどを検討している人は、ぜひ今のうちにチェックしてみてください。

【動画】ニセコリバーサイドヒルキャンプ場

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】