">
">音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
旅する

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華

編集部
Written by 編集部

 雪面に規則正しく配置された多角錐が光る、輝く。青く。赤く。黄色く。紫に、そして緑に。流れる軽快な音楽に合わせ、時にカラフルに一面を照らし出す。まるで異空間に迷い込んだかのような錯覚すら覚える。

 十勝管内音更町十勝川温泉街の近くで開かれる冬のイルミネーションイベント「彩凛華」である。「さいりんか」と読む。いつかは行ってみたいとは思っていたが、冬に札幌から十勝に行くのは至難の業だった。でも、道東道も開通し、車でも行きやすくなった。

 帯広市街地から車で約20分。十勝川温泉の近くのハナック十勝が丘公園に車を走らせる。プログラム開始時刻の19:00過ぎに到着したが、駐車場にはすでに車がいっぱい。さすが十勝有数の冬のイベントといった感じ。

彩凛華会場へ、いざ!

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華 音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華 音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華

タワーシンボル5.4m×1台
大多角錐2.6m×12台
小多角錐1.6m×272台
(多角錐小計285台)
球体オブジェ2.4m×16台
足下球272個
パーライト36灯
スポットライト18灯
(会場内合計666台)
 駐車場から会場はすぐ。音楽が流されている会場内で、緩やかな丘の斜面に並ぶオブジェがカラフルに輝く。その手前に仮設展望台が建っている。まずはその展望台に登ってみる。圧巻。雪原一面にオブジェが整然と並び、音楽に合わせて同じオブジェが色を次々と変えていくのだ。早いビートの曲なら1秒間に何度か色を変えていく。

 そのオブジェは多角錐であるが、その大きさも場所によっては異なる。小さいもの、大きなものもある。1つだけタワーシンボルという5.4mのものが中央にあり、多角錐だけで合計285個ある。そしてところどころには球体ライトも置かれている。奥の木々もオレンジ色にライトアップされている。よく見ると遠くに花時計ハナックもイルミネーションが施されている。これらも良いアクセントになっている。日常も忘れ、寒さも忘れて、長いこと見とれてしまった。

ズームイン・オブジェ

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華

 さて、そのオブジェはいったいどうなっているのだろう。実はその雪面の中を歩いて散策することだってできるのだ。ということで、白い息を吐きながらゆっくり歩いて巡ってみることに。コースはカーブを描いて頂上まで続く。

 オブジェを間近で見てみると、それは白い。聞くところによると、どうやら発泡ポリエチレンとワリフという農業用の保温剤で出来ているらしい。その中に全長30kmに及ぶ電線コードを敷設し、LED電球で点滅させている。その数は、スポットライトや足下のものも含め合計666前後あって、音楽と合うようにコンピュータでコントロールしている。

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華

 光と音のショーは「プログラム」と呼んでいる。19:00から1回目が始まり、21:00まで30分のプログラムを4回繰り返す。各プログラムは2部構成で、前半17分は「絆・白鳥親子の物語」と題し、ナレーション付きのプログラムである。後半13分は「光のファンタジーショー」であり、ドラマに使われた曲などに合わせた光のショーである。したがって、まず展望台から30分楽しみ、そのあとの30分を雪上から楽しむという方法もありだろう。

手湯・足湯・楽しいアトラクションも

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華

 寒い十勝の夜は体にこたえるもの。いくら楽しいショーでも暖まりたいと思う。そんなときは、「アイスプロムナード」で休憩を。ビニールハウスを利用した休憩施設で飲食もできる。入口近くの小屋では、ホットミルクの無料配布もあるからこれは絶対いただくべし。1杯飲むだけでかなり違う。そして、モール温泉源泉かけ流しの手湯や足湯を楽しむのだ。これ全部無料なのだから、来場者への配慮が感じられる。

 あまり多くないがアトラクションとしては、凍るシャボン玉体験、スノーラフティング、雪の滑り台等が楽しめる。


 おとふけ十勝川白鳥まつり「彩凛華」。約20回を迎える比較的近年に誕生したイベントであるが、北海道の冬を代表するイベントとしてのし上がってきた。夜しか開催されないため、十勝の痛い寒さがとにかく身にこたえるが、それでも行ってみる価値はある。行かないとその感動は味わえない。きっと長く記憶に残るに違いない。絶対行って欲しいイベントの一つだ。十勝川温泉とセットで行くのがオススメ。もし期間中なら、帯広市の「おびひろ氷まつり」と一緒に行くのも良いだろう。

音と光がコラボする幻想的な光景!彩凛華
おとふけ十勝川白鳥まつり 彩凛華
音更町十勝川温泉十勝が丘公園ハナック広場
19:00~21:00
※入場無料
音更町十勝川温泉観光協会観光ガイドセンター 0155-32-6633
http://www.tokachigawa.net/event/sairinka/

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。