旅する

日本最大級の淡水魚水族館ココにあり!サケのふるさと千歳水族館

北海道内にいくつかある水族館のうち、今回ここでご紹介するのは千歳水族館。「サケのふるさと 千歳水族館」という正式名称を聞くと「サケなんてわざわざ水族館で見るものなの?」と思う人もいるかもしれません。結論から言えば、見るべきです! 実は、とっても面白いのです! 北海道民にとって身近な存在であるサケの、新たな魅力に気づくかもしれません。隣接する「道の駅サーモンパーク千歳」と共に、思う存分お楽しみあれ。

サケだけじゃない、あらゆる淡水魚が集結

▼23年の歴史を誇る千歳水族館
日本最大級の淡水魚水族館ココにあり!サケのふるさと千歳水族館

千歳水族館は1994年9月10日にオープンし、2015年に内装をリニューアルしました。そのため、訪れた人は施設の真新しい雰囲気にまず驚くかもしれません。北海道のみならず、世界各地のさまざまな淡水魚が飼育されており、淡水では日本最大級の水槽を有しています。

▼体だけ真っ赤なベニザケ
日本最大級の淡水魚水族館ココにあり!サケのふるさと千歳水族館

1階のエントランスを入ると、まず出迎えてくれるのがベニザケの水槽です。繁殖期になると体部分だけが真っ赤に染まった個性的な姿が、見る者を惹きつけます。

▼集まるとどことなくユーモラス
日本最大級の淡水魚水族館ココにあり!サケのふるさと千歳水族館

ベニザケの水槽に引き続き、1階のサーモンゾーンでは3つの大きな水槽があり、サケが稚魚から幼魚、そして成魚へと成長していく過程を見ることができます。

▼成魚ともなると精悍な顔立ちに
日本最大級の淡水魚水族館ココにあり!サケのふるさと千歳水族館

※これらの展示は取材時のもので、サケの生態にあわせて季節毎に展示も変わります

サーモンゾーンから、支笏湖ブルーと称される水中景観を再現した美しい支笏湖ゾーンを抜けると、子どもに大人気の体験ゾーンが現れます。

▼ミニインディアン水車もある
日本最大級の淡水魚水族館ココにあり!サケのふるさと千歳水族館

チョウザメに触れられるタッチプールや、エサやりコーナー、ミニチュアのインディアン水車など、実際に体験しながら観察できるので、淡水魚をより身近に感じられるはずです。

▼自然の中を歩いているような千歳川ロード
日本最大級の淡水魚水族館ココにあり!サケのふるさと千歳水族館

アメマスやサクラマスの展示された千歳川ロードを抜けると、こちらも子どもに大人気、世界の淡水魚ゾーンがあります。

▼不思議と見飽きない円形の水槽
日本最大級の淡水魚水族館ココにあり!サケのふるさと千歳水族館

淡水エイやナイフフィッシュ、シルバーアロワナなど、迫力の熱帯魚たちが目を引く中、おすすめなのは東南アジアのマングローブなどに棲息する干潟の魚を集めた円形水槽です。かわいいヒメツバメウオやミドリフグがぐるぐる回遊する様子は、いつまでも見続けられる不思議な魅力があります。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】