旅する

場面転換見学、ドームツアー、展望台も!札幌ドームの意外な楽しみ方

野球観戦やサッカー観戦、はたまたコンサートなどのイベント・催事などなど。札幌ドームを訪れる目的は、人それぞれです。しかし、札幌ドームの魅力はそれだけじゃない! 実はいろいろ遊べる、家族で楽しめる魅力が満載の札幌ドーム。今度の休日は、みんなでお出かけしませんか?

▼札幌ドームをたっぷり遊び尽くそう!
場面転換見学、ドームツアー、展望台も!札幌ドームの意外な楽しみ方

目的によって変化する札幌ドームを目撃せよ!

そもそも不思議だとは思いませんか? あの大きなハコが、野球の時は野球場になり、サッカーの時はサッカーフィールドに、さらにはコンサート会場にだって変貌する、という事実。札幌ドームは、開催される試合やイベント毎に、特殊モードやコンクリートモードなどに場面転換を行います。そしてこの場面転換は、なんと一般の方でも見学することが可能なのです。

▼コンサートが行われた後の、コンクリートモード状態
場面転換見学、ドームツアー、展望台も!札幌ドームの意外な楽しみ方

取材日は、ちょうど場面転換の作業日。前日行われたコンサートで使用したコンクリートモードから、サッカーモードへと転換する様子を見学することができました。

▼この大きなサッカーステージがドーム内へ入っていく
場面転換見学、ドームツアー、展望台も!札幌ドームの意外な楽しみ方

ドームの外には、縦120メートル、横85メートル、重さ8,300トンもの巨大な天然芝のサッカーステージが。これが空気圧によって7.5センチ浮上し、34個の車輪を使って、分速4メートルで移動していきます。

▼扉が開いて、サッカーステージがゆっくりと入ってきた!
場面転換見学、ドームツアー、展望台も!札幌ドームの意外な楽しみ方

ゆっくりと、しかし着実に、ドーム内へと入ってくるサッカーステージ。巨大なものがじわじわと動き変化していく様は、なんだか感動すら覚えます。

▼客席に合わせて、正しい方向に回転
場面転換見学、ドームツアー、展望台も!札幌ドームの意外な楽しみ方

サッカーステージがすっかり内部に入ってしまえば、次は方向転換です。やはりゆっくりじわじわと、美しいグリーンの芝が回転していきます。

▼お馴染みのサッカーフィールドが完成!
場面転換見学、ドームツアー、展望台も!札幌ドームの意外な楽しみ方

方向もピタッと決まり、サッカーフィールドが出来上がりました。これで屋内でのサッカー試合ができる環境が整いました。ちなみに野球モードで使用されているのは人工芝で、こちらは専用の機械を使ってパーツ毎に敷いていきます。

こうした場面転換を見てみたいという方は、札幌ドームの公式サイトでスケジュールが確認できるので、そちらをチェックしてみてください。

【動画】転換作業をダイジェストでどうぞ

雪の日でも思いっきり遊べる大型複合遊具

さて、何か目的がなければなかなか訪れることのない札幌ドームですが、敷地内は誰でも自由に入れるので、気軽に散策することも可能です。また、無料で遊べる施設も充実しています。そのひとつが、キッズパークです。

▼キッズパークは無料
場面転換見学、ドームツアー、展望台も!札幌ドームの意外な楽しみ方

札幌ドーム屋内3階スペースにあるキッズパークは「スポーツ」と「ファンタジー」がテーマの大型複合遊具。対象年齢は3歳から小学4年生までですが、2歳以下のお子さま向けにベビーコーナーも併設されています。

▼2歳以下でもベビーコーナーで遊べる
場面転換見学、ドームツアー、展望台も!札幌ドームの意外な楽しみ方

平日は近所の保育園から園児たちが遊びに来たり、休日には遠方から家族連れで遊びに来たり。体を目一杯動かして遊べる施設は、大人気です。雪の日でも子どもたちが走り回れる場所があるというのは、札幌では貴重かもしれません。

なお、ドームで開催されているイベント状況によっては利用方法が変わる場合があるので、こちらもドームスケジュールを確認してから出かけるようにしてください。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】