旅する

温泉の蒸気で蒸し窯体験も!道の駅しかべ間歇泉公園で鹿部を味わおう

北海道内には100を越える数の道の駅があり、それぞれに地元の特色を身近に感じられる楽しみがあります。今回ご紹介するのは「道の駅しかべ間歇泉公園」。海と温泉をテーマにした道の駅で、水産加工品を購入したり、食堂で味わったり、はたまた足湯を堪能したりすることもできます。中でもオススメなのが、温泉の蒸気を利用した「温泉蒸し処」。一体どんな施設なのか、動画も併せてご覧ください。

その場で購入、その場で調理

▼新しくきれいな道の駅にテンションアップ!
温泉の蒸気で蒸し窯体験も!道の駅しかべ間歇泉公園で鹿部を味わおう

2016年3月にオープンしたばかりの「道の駅しかべ間歇泉公園」。国道278号線沿い、茅部郡鹿部町に位置しています。鹿部町の資源である海の幸と温泉を一度に楽しめる施設とあって、早くも人気スポットとなっているようです。

▼隣接する「バーベキュー処」と「温泉蒸し処」
温泉の蒸気で蒸し窯体験も!道の駅しかべ間歇泉公園で鹿部を味わおう

中でも話題なのが、敷地内にある「バーベキュー処」と「温泉蒸し処」です。今回は、ちょっと珍しい「温泉蒸し処」にスポットを当ててみましょう。

▼必要なものはすべてここで揃う
温泉の蒸気で蒸し窯体験も!道の駅しかべ間歇泉公園で鹿部を味わおう

温泉蒸し処を利用するには、まず受付が必要です。受付をすると、火傷防止の耐熱手袋や利用案内書が無料で貸し出されます。ちなみに利用できるのは大人のみ。子どもは蒸し釜エリアへ立ち入ることはできないので、注意してください。さらに、蒸籠(せいろ)自体は無料で利用できますが、食材は物産館で購入しなくてはなりません。持ち込みは不可なので、この機会にぜひ野菜や魚介類、玉子など、地元で獲れた新鮮な食材を味わってみてください。

▼いざ、蒸籠へ食材を投入!
温泉の蒸気で蒸し窯体験も!道の駅しかべ間歇泉公園で鹿部を味わおう

蒸籠の蓋を開けると、高温の蒸気が立ち上ります。食材を入れて蓋をして、待つこと約10分(食材によって異なります)。自然のエネルギーだけで食材がおいしく蒸し上がるなんて、ちょっと感激してしまいます。

▼蒸すことによってさらに際立つ素材の旨み
温泉の蒸気で蒸し窯体験も!道の駅しかべ間歇泉公園で鹿部を味わおう

蒸し上がったものは、道の駅の「浜のかあさん食堂」で食べることができます。出来立ては言うまでもなく、アツアツ、ホクホク。実際に蒸籠を利用する様子、食べてみた感想は、動画でどうぞ!

【動画】蒸し釜体験しちゃいました!

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】