旅する

年に一度しか上陸できない幻のパワースポット 然別湖「弁天島」に上陸!

大谷修一
Written by 大谷修一

標高810m、北海道の中では一番標高が高い場所に位置する「天空の湖」、然別湖。風水の観点から見ると、旭岳から南下してくるパワーをその湖水に貯蔵しているエネルギーゾーンで、帯広を中心とする十勝平野の「北の守り・玄武(げんぶ)」としての役割を果たしています。

早朝や夕暮れで湖面が凪いだ時、そこには対岸の天望山、通称くちびる山が映しだされ、その姿はまさに天空に浮かぶ巨大な「神の口」。ここは古くよりアイヌの人々から「禁断の地」として崇められてきた聖なる湖であり、道内最強のパワースポットの一つと言える場所です。

▼早朝の湖面に浮かぶ巨大なくちびる
年に一度しか上陸できない幻のパワースポット 然別湖「弁天島」に上陸!

この然別湖を遊覧船で行くと、湖の中心付近に鳥居がある小さな島が目に入ってきます。これが芸術や金運を司る弁財天を祀る弁天島。

▼然別湖に浮かぶ小島、弁天島
年に一度しか上陸できない幻のパワースポット 然別湖「弁天島」に上陸!

周囲の山々・山龍(さんりゅう)とパワーをため込んだ湖水・水龍(すいりゅう)の両者に守られたこの小島は、風水エネルギーを貯める然別湖の中でもピンポイント的に「気」が凝集している場所ですが、如何せんその周囲20mという小さな島で船着場もなく、年に一度のお祭りの時にしか上陸が許されていないという「幻のパワースポット」。

かつて出雲から来られた真言密教の大阿闍梨をご案内して法要を行った時も上陸の許可がおりず、船上から法螺貝でお清めをさせていただくにとどまりました。

▼船上から法螺貝で法要を行う、出雲の大阿闍梨
年に一度しか上陸できない幻のパワースポット 然別湖「弁天島」に上陸!

湖上に浮かぶ弁天島に歩いて参拝?!

何とかこの幻のパワースポットを訪問する方法はないのだろうか? そんな悩みに答えを出してくれたのが、地元観光協会の会長さんでした。

「許可さえ取れれば大丈夫。な~に、冬の弁天島ならここから歩いて行けばすぐですよ」

「え~、湖の上を歩いて?」とびっくりしたのもつかの間。よくよく考えたら、冬場はマイナス20度から30度近くまで下がる当地のこと、必然的に湖も完全結氷してしまいます。 次の写真のような夏の弁天島が……

年に一度しか上陸できない幻のパワースポット 然別湖「弁天島」に上陸!

▼冬になると、こんな感じで姿を変える
年に一度しか上陸できない幻のパワースポット 然別湖「弁天島」に上陸!

湖畔の船着場から弁天島まで約2キロ、凍結した湖上の雪原をスノーシューという洋風かんじきを付けて行く「幻のパワースポット」へのトレッキング……想像しただけでワクワクしてきました。

さっそくトライアルでモニターツアーを企画し、時間のない中クチコミやウェブ情報だけで参加者を募ったところ、地元帯広、札幌のみなならず南は兵庫県から東京の方まで集まったメンバー、その数16名。かくして厳冬の3月始め、湖上に浮かぶ幻のパワースポットアイランド・弁天島を目指してトレッキングするという史上まれに見る参拝ツアーがスタートした次第です。

▼ホテル前の湖上に作られたイベント広場。ここから出発
年に一度しか上陸できない幻のパワースポット 然別湖「弁天島」に上陸!

AirBookmark

筆者について

大谷修一

大谷修一

宮の森風水鑑定所代表。風水、パワースポット研究の分野で、第一人者的存在。
北海道のパワースポット調査の為全道取材の折各地の観光協会や地域住民とネットワークを構築し、目下「風水と観光」をテーマに幅広い活動を展開中。
北海道文化放送「さあ!トークだよ」、北海道テレビ「イチオシ!」、札幌テレビ放送「ジョシスタ」等テレビ番組に出演。北海道内の風水パワースポット紹介者として、また風水の「開運アドバイザー」として視聴者から好評を得ている。