旅する

下川町にミニ動物園が!? エミューやポニーと触れ合える「ふれあい牧場」

編集部
Written by 編集部

下川町にミニ動物園が!? エミューやポニーと触れ合える「ふれあい牧場」

【下川町】下川町の郊外に、個人経営のミニ動物園「ふれあい牧場」があることはあまり知られていない。訪れる人もほとんどいない。だからこそ、静かな環境でエミューやポニーなど小動物と触れ合えるので、家族連れで訪れていただきたい穴場的スポットの一つだ。

「ふれあい牧場」は、下川町の五味温泉に行く途中、注意していないと通り過ぎてしまうような場所にある。道路沿いには、木の町・下川らしく、木彫りの動物たちを配した木製看板があるのでそれを目印にしよう。

▼木造看板が目を引く
下川町にミニ動物園が!? エミューやポニーと触れ合える「ふれあい牧場」

同牧場は無料開放しているため、入場無料で動物たちを見ることができる。動物ごとに幾つかの小屋にわかれて、エミュー、ヤギ、ポニー、ウサギがたくさん飼育されており、無料ながら十分楽しめる穴場的動物園だ。

下川町にミニ動物園が!? エミューやポニーと触れ合える「ふれあい牧場」

セルフサービスだが、実際に動物たちにエサやりをすることもできる。エサは空き缶に入って100円。また、管理人がいるときに限り、ポニー乗馬体験やウサギをだっこすることも可能。見て楽しむだけでなく、その名の通り『触れ合い』もできるので、子供たちにも喜ばれること間違いなし。なお、エミューは首が伸びてくるのでご注意を。

▼エサ缶
下川町にミニ動物園が!? エミューやポニーと触れ合える「ふれあい牧場」

▼エミュー
下川町にミニ動物園が!? エミューやポニーと触れ合える「ふれあい牧場」

▼ウサギ
下川町にミニ動物園が!? エミューやポニーと触れ合える「ふれあい牧場」


2004年7月25日にオープンした同牧場は、管理する上ケ島(かみがしま)さんが自ら手作りで作り上げた動物園。だからか、随所に管理人の愛情が感じられる。ほとんど開園当初からいる動物たちだが、ウサギは2羽から今では相当な数にまで増えた。そのほか、大きめの池もあり、金魚やコイを飼育してきた。「惜しい処(いたましいしょ)」では下川町の資料も拝見できる。ちょっと立ち寄ってみたい穴場スポットだ。

ふれあい牧場
上川郡下川町班渓348 [地図]
年中無休、入園無料、エサ1缶100円

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。