旅する

ガラス館や熊牧場もある!楽しみ方いろいろ「昭和新山」周辺巡り

石簾マサ
Written by 石簾マサ

かつて広大な麦畑だった地帯が、噴火活動により隆起し、山となる――。そんな信じられないような自然現象が、昭和の時代に起こりました。山は「昭和新山」と名付けられ、今では観光スポットとして親しまれています。昭和新山の歴史と共に、ビューポイントや周辺施設もご紹介しましょう。

Entapano2で撮影した昭和新山

昭和新山の歴史はまさに自然のダイナミズム!

ガラス館や熊牧場もある!楽しみ方いろいろ「昭和新山」周辺巡り

昭和新山があるのは、北海道有珠郡壮瞥町です。昔から畑作地域として栄えてきた地域でした。そこに異変が起こったのが、1943(昭和18)年。地震が発生し、爆発音と共に青い麦畑が膨れ上がりました。

以降、4ヶ月にわたって地震は頻発し、爆発を繰り返し、大地は刻々と隆起していきました。地底で固まった粘性の強いデイサイト溶岩が押し上げられ、ついには402メートルものベロニーテ型火山を出現させたのです。これが、昭和新山が誕生した経緯です。

▼昭和新山によってできた新山沼
ガラス館や熊牧場もある!楽しみ方いろいろ「昭和新山」周辺巡り

昭和新山の形成は、当然のことながら周囲にさまざまな影響を及ぼしました。土地が隆起したことでそこに流れていた壮瞥川が堰き止められ、やがて新山沼と呼ばれる沼が誕生しました。現在では新山沼展望公園として訪れることができ、季節によってさまざまな表情で観光客を楽しませてくれます。

▼新山沼展望公園から眺めた新山沼(写真提供:そうべつ観光協会)
ガラス館や熊牧場もある!楽しみ方いろいろ「昭和新山」周辺巡り

また、昭和新山の隆起によって、旧国鉄胆振線の橋脚と橋台が持ち上げられました。昭和新山の山腹に、今でも残された鉄橋橋脚を見ることができます。

▼昭和新山鉄橋遺構公園にある橋脚
ガラス館や熊牧場もある!楽しみ方いろいろ「昭和新山」周辺巡り

昭和新山は、1977(昭和52)年から1982(昭和57)年にも火山活動を起こしています。その際の地殻変動により、近くの病院施設が倒壊しました。その周辺は1977年火山遺構公園として整備され、倒壊した病院も残されています。

▼倒壊し朽ち果てた病院施設
ガラス館や熊牧場もある!楽しみ方いろいろ「昭和新山」周辺巡り

これらは「火山と人の営み」を体感できる野外博物館「洞爺湖有珠山ジオパーク」として、大切に保存されています。自然のダイナミズムをまさに肌で感じることのできる場所なのです。

新山沼展望公園
所在地:北海道有珠郡壮瞥町字滝之町294
昭和新山鉄橋遺構公園
所在地:北海道有珠郡壮瞥町字滝之町(国道453号線沿い)
1977年火山遺構公園
所在地:北海道有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉76-17

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】