旅する

元小学校校舎の教室で寝泊りできる!? 中頓別町「そうや自然学校」

いよいよ近づいてきた夏本番。北海道では夏の期間が短いですが、だからこそめいっぱい楽しみたいものです。

もし夏の予定をまだ何も立てていないなら、中頓別町の「そうや自然学校」はいかがでしょう。雄大な自然の中、さまざまな体験を通して遊び、学ぶことができます。そしてなんと、夜は小学校の元校舎で寝泊まりできるというオマケ付き。子どもはもちろん、大人だってはしゃいじゃうこと間違いなし、です。(トップ写真は、スタッフで神奈川県出身の加藤志保美さんと、名寄市出身の北川直樹さん)

さまざまな自然体験の一部をご紹介

▼中頓別町のそうや自然学校
元小学校校舎の教室で寝泊りできる!? 中頓別町「そうや自然学校」

そうや自然学校は、その恵まれた立地を活かして、都会ではなかなか味わうことのできない自然体験を提供してくれる施設です。自然体験とひと言で言っても、その内容は季節などによってさまざま。どんなことができるのか、まずは簡単にご紹介していきましょう。

▼リバーカヌー(写真提供:そうや自然学校)
元小学校校舎の教室で寝泊りできる!? 中頓別町「そうや自然学校」

オホーツク海に注ぐ頓別川の、静かなせせらぎ。リバーカヌーでは、その中をゆったりと流れに乗って下っていきます。6月16日から10月上旬まで実施中です。(※2018年の予定)

▼砂金掘り(写真提供:そうや自然学校)
元小学校校舎の教室で寝泊りできる!? 中頓別町「そうや自然学校」

明治時代、ゴールドラッシュに湧いた中頓別町。砂金掘りでは、今でも砂金の採れる秘密の場所をガイドが案内してくれます。目指せ、一攫千金! 7月7日から9月下旬まで実施中です。(※2018年の予定)

▼スノーシュー体験(写真提供:そうや自然学校)
元小学校校舎の教室で寝泊りできる!? 中頓別町「そうや自然学校」

冬の自然体験も、夏とは違った楽しさがあります。スノーシューを履いて雪深い中を歩くアクティビティはいかがでしょう。ガイドに雪の世界で暮らす動物や冬の間の植物などについて教えてもらいながら、壮大な自然の中を歩いて行くのもいい体験です。

▼鍾乳洞内の氷の芸術
元小学校校舎の教室で寝泊りできる!? 中頓別町「そうや自然学校」

また、スノーシューで中頓別鍾乳洞へと向かうコースもあります。以前、北海道ファンマガジンでも取材させてもらいました。目的地の中頓別鍾乳洞は、冬の間、内部が巨大な氷柱や氷筍に覆われています。ライトアップされたその光景は、幻想的で溜め息が出ます。1~3月頃の実施予定です。

▼バードコール創作体験
元小学校校舎の教室で寝泊りできる!? 中頓別町「そうや自然学校」

そうや自然学校で年間を通して実施されているのが、バードコール創作体験です。5~11月はピンネシリ岳登山口付近にある学習林で、それ以外の積雪期は学校内でバードコールを作成します。

▼実際に作成するバードコールがこれ
元小学校校舎の教室で寝泊りできる!? 中頓別町「そうや自然学校」

バードコールができあがったら、ピンネシリ岳登山道を散策。積雪期は、スノーシューを履きます。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】