旅する

登山初心者におすすめ!活火山「樽前山」の外輪山を一周してみた

中瀬りあの
Written by 中瀬りあの

日本は世界でもとりわけ地震や火山の噴火が多い国であるというのは、ご存知でしょうか。

平成に入り、雲仙普賢岳、有珠山、三宅島、新燃岳、桜島、御嶽山、口永良部島、その他水蒸気爆発や海底噴火等、かなりの数の噴火が起こっており、その都度甚大な被害をもたらしています。そう考えると、改めて日本は火山の国だということを認識することでしょう。

もちろん北海道にも多くの火山が存在し、駒ヶ岳、有珠山、樽前山、十勝岳、雌阿寒岳が活発な活火山として挙げられます。そんな私たちの身近にある火山(特に現在も噴煙を上げている山)について、少しでも認識を深めてみようと、実際に間近で見てみることにしました。

身近ながら、意外にも噴火が多い樽前山

樽前山は北海道南西部にある支笏湖の南に位置し、風不死岳(ふっぷしだけ)、恵庭岳と共に支笏三山の一つに数えられる火山です。記録に残る主な噴火は以下になります。

登山初心者におすすめ!活火山「樽前山」の外輪山を一周してみた

1667年(寛文7年)、1739年(元文4年)、1804年~1817年(文化元年~文化13年)、1867年(慶応3年)、1874年(明治7年)=マグマ噴火
1883年(明治16年)、1885年~1887年(明治18年~明治20年)、1894年(明治27年)=水蒸気噴火
1909年(明治42年)=マグマ噴火
1917年~1921年(大正6年~大正10年)、1923年(大正12年)、1926年(大正15年)、1928年(昭和3年)、1933年(昭和8年)、1978年(昭和53年)、1979年(昭和54年)、1981年(昭和56年)=水蒸気噴火

火山活動に伴う噴煙や地震等も含めると、19世紀以降で70回以上観測されているようです。最近では2003年(平成15年)、2011年(平成23年)、2012年(平成24年)に火影が観測されているようで、観測機器等の発達により、より精細な情報を得られています。そのおかげで現在は山へ安心して登れるわけですが、こんなにも噴火の回数が多いとは、調べてみるまでは知りませんでした。

樽前山は1739年の噴火でできた直径1.2km×1.5kmの火口が外輪山と呼ばれる尾根筋となっており、東側の東山(三角点点名=樽前山、1,022m)、南西の西山(994m)とつながり、その中心では1909年の噴火で形成された黒色の溶岩ドーム(三角点点名=樽前岳、1,041m 樽前山熔岩円頂丘として北海道指定文化財天然記念物)が現在も噴煙を上げています。

登山初心者におすすめ!活火山「樽前山」の外輪山を一周してみた

南の麓には1667年の噴火とその後の侵食でできた「樽前ガロー」、北西の麓には1739年の噴火とその後の侵食でできた「苔の洞門(現在は崖崩落の危険があり閉鎖中、立ち入り禁止)」があります。どちらも幻想的な風景で人気の景勝地であり、多種の苔が密生する学術的にも貴重な場所。その光景を作り出した樽前山の噴火がどれほどのものだったのか、規模の大きさを考えると圧倒されます。

登山初心者にも人気の火山

樽前山へは、国道276号線より道道141号線へ入り、七合目ヒュッテ駐車場まで車で登り、その先にある登山口から登るのが一般的です。

登山ルートは様々ありますが、七合目ヒュッテからは「東山コース」または「お花畑コース」を選ぶことになります。今回は東山コースから山の外輪山に沿って溶岩ドーム外周を一周することにしました。

登山初心者におすすめ!活火山「樽前山」の外輪山を一周してみた

東山コースは外輪山まで1時間程で登れるのが魅力。初めての登山にちょうど良いようで、子供連れの親子も多く人気があります。

AirBookmark

筆者について

中瀬りあの

中瀬りあの

スポーツ万能インドア派を目指してきて、はや40代。アウトドアスポーツは何でも挑戦。インドアでは世代的にゲーム好き。(どちらも上手くはない)子供のように何にでも興味はある。