旅する

崩壊進む 旧士幌線の幻のコンクリートアーチ橋「タウシュベツ川橋梁」

編集部
Written by 編集部

北海道上士幌町にある旧国鉄士幌線には、いくつかのコンクリートアーチ橋梁があり、今でもその姿を残しています。中でも、糠平湖の水位の変動により見え隠れするため「幻の橋」と呼ばれているタウシュベツ川橋梁は、内外部からの損傷が進み、崩落が危ぶまれています。

建造物の風化は避けられないものだとはいえ、失われてしまうのはやはりもったいない思いがします。そこで、カメラ機材を担いで上士幌町に向かいました。

ただ朽ちていくのを見守られるだけの橋

崩壊進む 旧士幌線の幻のコンクリートアーチ橋「タウシュベツ川橋梁」

タウシュベツ川橋梁は、1987(昭和62)年に廃線となった旧国鉄士幌線に残された鉄道橋で、造られたのは1937(昭和12)年です。

士幌線は、帯広駅から十勝三股駅までの全長約80キロメートルの鉄道。人だけではなく、木材や農産物などを運んでいました。音更川に沿って鉄道が敷かれ、川を何度も横切るため、いくつもの橋を造る必要があったのです。

▼今も一部残る旧国鉄上士幌線跡
崩壊進む 旧士幌線の幻のコンクリートアーチ橋「タウシュベツ川橋梁」

当時日本は、軍備強化に向かっていた時代。そのため工事費を抑える必要がありました。そこで、現地で採れる砂利や砂が利用できるコンクリートで橋を造ることになったのです。さらに橋の強度を高めるべく、形状をアーチ型にしました。

▼砂利や砂を利用して作られたコンクリートアーチ橋
崩壊進む 旧士幌線の幻のコンクリートアーチ橋「タウシュベツ川橋梁」

また、この地域は大雪山国立公園ということもあり、景観への配慮も考えられたといいます。士幌線沿線には、そうしたアーチ橋が計49橋造られ、そのうちアーチが二連以上ある大型アーチ橋が現在12橋残っています(詳しくは旧士幌線コンクリートアーチ橋梁群の記事を参照)。タウシュベツ川橋梁は、そんなアーチ橋のひとつです。

▼11連のアーチがあるタウシュベツ川橋梁
崩壊進む 旧士幌線の幻のコンクリートアーチ橋「タウシュベツ川橋梁」

その後、糠平ダムの建設に伴い、鉄道が移設されることになりました。タウシュベツ川橋梁は、1955(昭和30)年にその役割を終えたのです。そのまま放置されたタウシュベツ川橋梁は、水位が20mも上下する糠平湖により季節によっては水没します。さらに、自然環境による凍結や融解、地震など自然災害による影響などから、ほかの橋梁に比べて激しく損傷してしまったのです。

▼ほぼ水没したタウシュベツ川橋梁(写真提供:NPOひがし大雪自然ガイドセンター)
崩壊進む 旧士幌線の幻のコンクリートアーチ橋「タウシュベツ川橋梁」

タウシュベツ川橋梁は、立地の悪さから遺産などに登録されることはありませんでした。手つかずのまま崩壊していくのを見守られているのが現状です。

▼自然環境や災害により崩落していくタウシュベツ川橋梁
崩壊進む 旧士幌線の幻のコンクリートアーチ橋「タウシュベツ川橋梁」

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。