旅する

「摩周鯛」って一体何?川湯温泉のホテルパークウェイで真相に迫る!

石簾マサ
Written by 石簾マサ

「摩周鯛」をご存じですか? 調べてみると、弟子屈町(てしかがちょう)の川湯温泉にあるホテルパークウェイで食べることができる魚なのだとか。

摩周湖で捕れるから「摩周鯛」? いやいや摩周湖は淡水だから海水魚の鯛が捕れるわけないし。海辺ではない川湯温泉でなぜ鯛なのでしょう? さっそくホテルパークウェイに真相を伺いに行ってきました。

「摩周鯛」って一体何?川湯温泉のホテルパークウェイで真相に迫る!

味も食感も鯛、その正体とは?

▼JR釧網本線川湯温泉駅
「摩周鯛」って一体何?川湯温泉のホテルパークウェイで真相に迫る!

ホテルパークウェイはJR釧網本線の川湯温泉駅から300m弱、歩いて3~4分の場所にあります。さっそくオーナーの及川宏さんに伺ってみました。

▼オーナーの及川宏さん
「摩周鯛」って一体何?川湯温泉のホテルパークウェイで真相に迫る!

摩周鯛というのは一般公募して付けられた名前で、実はティラピアのこと。1980年代に、弟子屈町にあった老人ホームが、老人の生きがいのためにということでティラピアを飼いはじめました。

最初は観賞用で食用として考えていたわけではありませんでした。その後、ティラピアは食べられることがわかり、実際に食べてみると食感や味が鯛に似ているということがわかりました。

さらに、岩手県でティラピアの養殖に成功したことなどから、弟子屈町の名物として観光客に出すことができないかと考えたのです。

▼これがティラピア
「摩周鯛」って一体何?川湯温泉のホテルパークウェイで真相に迫る!

ティラピアは、アフリカや中近東の魚のため、寒いところではそのまま飼えません。水温を15℃以上で管理しないといけないので、暖房費がかなりかかってしまいます。

そこで、温泉を利用して温度管理をしたらどうだろうかと考えました。温泉水と地下水を混ぜたり、薬品を使ったりと、試行錯誤してみたのですが、温泉水100%で飼育するのがいちばんだということに気づきました。現在は、ホテルの裏にある養殖場で、約2万匹のティラピアが飼育されています。

▼ホテルの裏にある養殖場
「摩周鯛」って一体何?川湯温泉のホテルパークウェイで真相に迫る!

▼源泉100%の温泉水で飼育
「摩周鯛」って一体何?川湯温泉のホテルパークウェイで真相に迫る!

かつてはティラピアの養殖をしているところもいくつかありましたが、現在ではほとんどありません。そうした状況の中、最近、ティラピアのコラーゲンが良質だと言われるようになってきました。薬品会社などから問い合わせが殺到し、にわかに注目を集めているのだそうです。

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】