旅する

十勝の大雪原をダイナミックに駆け抜ける!鹿追町で犬ぞり操縦体験!

白い息を吐きながら、何頭もの犬が雪原を走り抜ける犬ぞり。そんな犬ぞりを自分自身が操縦し、体験できるツアーが北海道の十勝地方にあります。

「犬たちを操縦するなんて、素人でも本当にできるものなの?」「具体的に、ツアーの行程はどうなっているの?」「誰でも可能なの?」などなど、気になるところはたくさん。そこで実際に体験すべく、十勝を訪れました。

犬たちとひとつのチームになって走る

▼晴れていれば、こんな絶景も(写真提供:マッシングワークス)
十勝の大雪原をダイナミックに駆け抜ける!鹿追町で犬ぞり操縦体験!

犬ぞり体験ツアーを実施しているのは、マッシングワークスという会社です。2011年から開始し、今ではこのツアーのために海外から十勝を訪れる観光客も後を絶たないのだとか。

それほど人気となったのは、なんといっても操縦をガイドに任せるのではなく、自分自身がマッシャーと呼ばれる犬ぞり使いとなって、雪原を走ることができるというところ。

▼そりを引く犬たちの生き生きとした表情
十勝の大雪原をダイナミックに駆け抜ける!鹿追町で犬ぞり操縦体験!

ツアーに使用されるのは、オリジナルの二人乗り犬ぞり。出発前にはガイドが操作方法やポイント、注意点などを丁寧にレクチャーしてくれます。また、走行中もスノーモービルに乗ったガイドがしっかりとサポートしてくれるので、安心です。

▼十勝平野の大雪原をダイナミックに走る!(写真提供:マッシングワークス)
十勝の大雪原をダイナミックに駆け抜ける!鹿追町で犬ぞり操縦体験!

マッシングワークスの犬ぞりトレイルは全長約12kmで、広大な雪原や針葉樹の防風林など、変化に富んだ景色も楽しむことができます。

▼アラスカンハスキーと呼ばれる犬たち(写真提供:マッシングワークス)
十勝の大雪原をダイナミックに駆け抜ける!鹿追町で犬ぞり操縦体験!

より速く、より長く走るためにつくられた通称アラスカンハスキーと呼ばれる犬たちが、犬ぞりを引いて走ります。しっかりとトレーニングを積んだ犬たちなので、初めて体験する人でも楽しめるはずです。時には坂道などで、犬ぞりから降りて犬たちとソリを押す必要もあるそうですが「犬たちとあなたは、ツアー中はひとつのチームなのです」と、ガイドが教えてくれました。

実際に体験してみた! 果たして感想は?

▼普段の犬たちの様子(写真提供:マッシングワークス)
十勝の大雪原をダイナミックに駆け抜ける!鹿追町で犬ぞり操縦体験!

さて、実際にレクチャーを受け、犬ぞりツアーに参加してみました。アラスカンハスキーたちのスタートダッシュの力強さに、まずは驚きます。

▼犬ぞりに乗って見えるのは、こんな光景
十勝の大雪原をダイナミックに駆け抜ける!鹿追町で犬ぞり操縦体験!

ゆっくり走ったり速く駆け抜けたりと、緩急のあるスピード感でずっと楽しい気持ち、ワクワクドキドキが続きます。カーブを曲がる時などは、振り落とされないように体重移動。走る犬たちを後ろから見ていると、その健気な姿に胸がキューンと高鳴りました。

【動画】楽しすぎる! 犬ぞり体験ツアー

取材時、実際にツアーに参加されていた神谷健司さんご夫妻に、話を聞いてみました。

▼あいにくの悪天候でも楽しめたと、神谷さんご夫妻
十勝の大雪原をダイナミックに駆け抜ける!鹿追町で犬ぞり操縦体験!

「寒い時に寒い場所でしか経験できないことをやりたいと思ったのが、ツアーに申し込んだきっかけです。実際にやってみると、結構ハード! 最初はスピードにも驚いたし、操縦するのにも体力を使いました。来年もタイミングが合えばぜひ参加したいです」(神谷健司さん)

マッシングワークスの犬ぞり体験ツアーが開催されているのは、例年12月中旬から3月中旬頃まで。今シーズンはもう予約で埋まっていますが、気になる人はぜひ来シーズンの参考にしてみてください。ちなみに予約開始時期は10月頃の予定。人気のツアーですぐに予約が埋まる可能性があるので、下記の公式サイトやフェイスブックをこまめにチェックしてみてくださいね。

▼来シーズンには、こんな楽しみ方も(写真提供:ホテルヌプカ)
十勝の大雪原をダイナミックに駆け抜ける!鹿追町で犬ぞり操縦体験!

また、来シーズンには帯広市にあるホテルヌプカと共同で「犬ぞり&帯広街なか食べ歩きツアー(仮称)」も開催される予定です。犬ぞり体験でたっぷり遊んだ後、車で約1時間のホテルヌプカに移動し、撮影したばかりのツアー動画上映を見ながら、地元素材を生かしたローカルフードを堪能するという企画。楽しみのバリエーションが、ますます広がりそうです。

取材協力

マッシング ワークス
所在地:北海道河東郡鹿追町瓜幕西31線25
問い合わせ先:Tel: 080-3232-8119、Fax: 0156-67-2310
公式サイト
Facebookページ
HOTEL NUPKA(ホテルヌプカ)
所在地:北海道帯広市西2条南10丁目20-3
電話:0155-20-2600
公式サイト
Facebookページ

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】