旅する

活火山「有珠山」の山頂はどうなってるの?有珠山登山口から登ってみた

中瀬りあの
Written by 中瀬りあの

北海道の火山というと、まず思い浮かべのは、2000年(平成12年)の噴火が記憶に新しい有珠山でしょう。北海道南西部にある洞爺湖の南、内浦湾との間に位置し、伊達市、洞爺湖町、壮瞥町にまたがり周期的に噴火している世界的に見ても活発な火山ですので、噴火を二度三度と目の当たりにしている方も多いでしょう。

▼道の駅とうや湖より撮影
活火山「有珠山」の山頂はどうなってるの?有珠山登山口から登ってみた

記録に残っている噴火は以下のとおり。

・1663年 寛文噴火(寛文3年)
・1769年 明和噴火(明和6年)
・1822年 文政噴火(文政5年)
・1853年 嘉永噴火(嘉永6年)
・1910年 明治噴火(明治43年)
・1944-1945年噴火(昭和19-20年)
・1977-1978年噴火(昭和52-53年)
・2000年噴火(平成12年)

こうしてみると、ここ100年の間に4回の噴火があり、単純に計算すると25年くらいに1回は噴火する恐れがあると考えられます。さらに有珠山は頂上からというだけでなく、2000年噴火のように麓で噴火することもあるため、将来の噴火に備えた様々な取り組みが行われています。

▼1977年噴火の様子
活火山「有珠山」の山頂はどうなってるの?有珠山登山口から登ってみた

有珠山は噴火を繰り返すたびに山の形が大きく変わります。7000-8000年ぶりに噴火を再開した1663年にできた大きな火口の一部が、南外輪山と呼ばれる尾根筋として残っています。

大有珠(733m)や小有珠(557m)はその後の江戸時代の噴火で盛り上がった溶岩ドームで、大有珠と小有珠の間に連なる有珠新山(669m)の崖は1977-78年噴火に伴う断層運動で200m近くも隆起してできました。

大有珠と小有珠の間にあった小さなオガリ山溶岩ドーム(672m)はこの断層運動に巻き込まれて分断されてしまい、白い蒸気をあげている銀沼火口は1977-78年噴火でできた最大の火口です。

山に登ればこれらの火山地形を間近に見ることができますので、さっそく登って火山の姿を見に行くことにしました。

▼左から大有珠、有珠新山、小有珠活火山「有珠山」の山頂はどうなってるの?有珠山登山口から登ってみた

有珠山へのアクセス

現在、有珠山にはロープウェイや登山道を使って登ることができます。ロープウェイを使ったとしても噴煙を間近で見たいとなると、遊歩道を1時間ほど歩くことになります。

遊歩道といっても山の上、高低差の激しい階段や天候の急変等を考えると、一般的な登山の用意が必要となりますし、登山道を使っても麓の駐車場から1時間ほどで登れますから、今回は登山道から登ることにしました。

活火山「有珠山」の山頂はどうなってるの?有珠山登山口から登ってみた

伊達市有珠町を通る国道37号線を走ると、有珠山登山口の看板が見えてきます。道なりに進むと正面に道央自動車道の跨道橋があり、その手前の左に駐車場があります。

活火山「有珠山」の山頂はどうなってるの?有珠山登山口から登ってみた

駐車場から登山道入口までは歩いてすぐなのですが、砂防堰堤のすぐ脇が登山道となっているため、改めて火山へ登るということを意識します。有珠山は一部、前回取材した樽前山と同じように外輪山を持つ火山で、1時間ほど登ると整備され外輪山遊歩道となっている外輪山の尾根へ出ます。

そこへ出てから左へ行くと南外輪山展望台、右へ行くと火口原展望台及びロープウェイ頂上駅へ向かうことになります。南外輪山展望台がすぐ間近に見えているので、まずはそちらへ向かうことにしました。

筆者について

中瀬りあの

中瀬りあの

スポーツ万能インドア派を目指してきて、はや40代。アウトドアスポーツは何でも挑戦。インドアでは世代的にゲーム好き。(どちらも上手くはない)子供のように何にでも興味はある。