旅する

映画「幸福の黄色いハンカチ」ロケ地!ハンカチなびく想い出ひろば

映画「幸福の黄色いハンカチ」ロケ地!ハンカチなびく想い出ひろば

【夕張市】北海道に馴染み深い映画の代表作の一つとして知られるのが、1977年10月に公開された名作「幸福の黄色いハンカチ」です。山田洋次監督作品で、北海道を舞台にしたストーリーで、ロケも北海道で行われました。

ストーリーもロケ地も北海道という名作

映画「幸福の黄色いハンカチ」ロケ地!ハンカチなびく想い出ひろば この映画は賞を総なめにしました。受賞は、第1回日本アカデミー賞受賞(監督・脚本・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・音楽)、第51回キネマ旬報賞(ベストテン1位・監督・脚本・主演男優・助演男優・助演女優)、第32回毎日映画コンクール(監督・脚本・男優演技・音楽・録音)、第20回ブルーリボン賞(監督)、第2回報知映画賞(主演男優)などがあります。

物語は、失恋した花田欽也が赤いファミリアを購入し、フェリーで北海道を渡るところに始まります。網走で若い女性朱美をナンパ、そこに網走刑務所を出所した島勇作が加わりドライブします。

その後3人は阿寒湖温泉、帯広、夕張へと進んでいき、黄色いハンカチがたなびく場所へ島勇作を送り届けるというもの。主要キャストは高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、渥美清、桃井かおりなど。

1982年にはTBSでドラマ化もされました。アメリカでは「The Yellow Handkerchief」と題してリメイクされ2007年公開されました。幸福の黄色いハンカチ映画DVDはこちら。

夕張の観光地「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」

映画「幸福の黄色いハンカチ」ロケ地!ハンカチなびく想い出ひろば

映画「幸福の黄色いハンカチ」ロケ地!ハンカチなびく想い出ひろば 実際に保存された夕張市の木造住宅と黄色いハンカチのある施設は観光スポット「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」になって公開されています。夕張市でロケが行われた際の、その建物などが当時の姿のまま保存され、公開されています。シンボルは、風になびく約50枚の黄色いハンカチ。公開から30年以上たつ今も、そのハンカチが名作を思い出させてくれます。

そして島勇作夫婦が生活していた木造炭鉱住宅もメイン施設「幸福を希うやかた」として保存されています。幸福のメッセージは炭鉱住宅内部展示室壁一面に張られており、訪れた人たちが記念に書いていることが分かります。また、作中に登場した赤いファミリアが展示されているほか、映画で使用された小道具、パネル展示もあります。

それほど広いわけではないため、あっという間に見学を終えることができます。入館料は高めに感じる人もいるかもしれませんが、映画を懐かしむファンにはたまらない施設と言えそうです。

幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば
所在地:夕張市日吉5番地1 [地図]
アクセス:夕鉄バス黄色いハンカチロケ地バス停下車徒歩約5分
開館日時:4月下旬~11月3日、期間中無休、9:30~17:00(閉館30分前までに入場)
入館料:大人520円、こども310円、シニア410円
駐車場:無料約20台あり

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。