旅する

7万㎡に200品種超!熱い思いが作り上げた湧別町のチューリップ公園

石簾マサ
Written by 石簾マサ

春に咲く花はたくさんありますが、その代表格とも言えるのがチューリップでしょう。愛らしく親しみやすいチューリップは、子どもからも大人からも人気の花。北海道では、5月に見頃を迎えます。

中でも湧別町の「かみゆうべつチューリップ公園」は、総面積7万㎡という広大な敷地に200品種以上ものチューリップが咲き誇るとあって、圧巻です。なぜ湧別にチューリップが植えられるようになったのでしょうか。その歴史と楽しみ方をご紹介します。(トップ写真提供:湧別町役場)

チューリップを愛した農家の思い

EntapanoVRで撮影したチューリップ公園

チューリップ公園に入ることができるのは、毎年開催されているチューリップフェアの時期のみ。その年の天候や花の様子によって日程が変わりますが、2017年のチューリップフェアは5月1日から6月4日まで開催され、多くの観光客でにぎわいます。

それにしても、オホーツクのこの地に、なぜこれほどのチューリップが植えられるようになったのでしょうか。

▼見ているだけで元気をもらえそう(写真提供:Kaoru Mitsuda)
7万㎡に200品種超!熱い思いが作り上げた湧別町のチューリップ公園

湧別町(旧上湧別町)でチューリップの球根が栽培されるようになったのは、昭和30年代のこと。少ない面積で農家の収入を増やすため、高収益であるチューリップに白羽の矢が立てられたのです。1957(昭和32)年にはチューリップ耕作組合が結成され、わずか3年後の1960(昭和35)年には生産量・輸出量ともに全道一となりました。

ただし、昭和40年代になるとチューリップの取引価格が下落してしまいます。生産農家は一戸、また一戸と撤退していきます。それでもチューリップを愛する生産農家たちは、趣味として自宅の庭などに植え続けました。やがて、その愛情は「チューリップを後生に残そう」という思いへと昇華し、再びチューリップ畑が広がりはじめます。

1987(昭和62)年には町立の「チューリップ公園」が誕生し、公園の拡張と整備が行われた結果、現在の「かみゆうべつチューリップ公園」が出来上がったのです。

▼熱い思いが作り上げた広大なチューリップ畑
7万㎡に200品種超!熱い思いが作り上げた湧別町のチューリップ公園

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】