味わう

あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

編集部
Written by 編集部

小樽市のJR銭函駅からほど近い場所に、石造りの重厚な建物があります。いかにも歴史のありそうな佇まいで、その周りに漂っている空気すら他とは違っているような感じです。玄関先の暖簾には「珈琲 食事 大坂屋」との文字が。つまりは喫茶店なのでしょうか、おそるおそる訪ねてみることにしました。

大正末期に建てられた倉庫で喫茶店を開業

▼暖簾までもが不思議と味わい深い
あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

暖簾をくぐって中に入ってみると、外観の雰囲気を裏切らないレトロな空間が広がっていました。ここは「ストアハウス大坂屋」(以下「大坂屋」)。前倉崇利さんと久子さんご夫婦で営まれている、喫茶店です。

▼カウンターに立つ前倉崇利さん(左)と久子さん(右)
あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

大正末期に建てられた石倉は、もともと質屋の倉庫として使われていたものでした。それを喫茶店として改装し、オープンしたのが1988年8月のこと。以来、ご夫婦で29年間、変わらずこの場所で営業されてきました。

「喫茶店に改装したといっても、内装もそのままだし、階段もそのまま。お客さんにはこだわってるねって言われるけど、そんなこともないんですよ」と、ご主人の崇利さんはおっしゃいますが、やはりそれなりのこだわりがなければ、この独特な雰囲気は醸し出せないはず。

▼階段の踊り場にはピンクの公衆電話
あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

「大坂屋」というのも、元あった質屋の屋号が外壁に掲げられていたので、そのまま店名にしたのだそう。

▼屋根の下に立派な「大坂屋」の文字
あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

外壁といえば、扉の上にある魚のオブジェも印象的です。

▼どこかユーモラスにも見える魚の表情
あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

なんでも、店内の椅子を手がけた人が作ってくれたものなのだとか。小樽の名物、八角をモチーフにしています。

喫茶店といえば、やっぱり食べたいナポリタン!

さて、気になるメニューをチェックしてみましょう。こうした昭和のにおいを感じさせる喫茶店なら、やはりナポリタンは欠かせないところです。崇利さんお手製のナポリタンを注文すると、出てきたのは……。

▼これぞ由緒正しき喫茶店のナポリタン!
あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

いかにもケチャップの濃厚そうな、昔ながらのナポリタンです。口の周りを赤く染めながら、腕白に頬ばりたくなること間違いなしです。ちなみに「ナポリタン」単品で770円、サラダとコーヒーまたは紅茶が付いた「スパゲティセット」は960円です。

▼ドリップコーヒーは単品で460円
あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

食後のコーヒーは、これまた期待を裏切らないレトロなコーヒーカップに注がれて出てきました。木のスプーンもいい感じで、こうしたディテールにまで至る配慮が、この空間を一層心地よいものにしているのでしょう。

▼ついつい長居してしまいそうな心地よさ
あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

奥さんの久子さんが作るケーキも、おいしいと評判です。常にメニューにある定番ケーキは「リンゴとさつま芋のパイ」と「レアチーズケーキ」。どちらも単品で460円、コーヒーまたは紅茶とセットで770円です。

また、週に1回、それらとは別のケーキがメニューに加わります。取材に訪れた日は「シフォンケーキ」(セットで750円)が焼かれていました。

▼ふわふわのシフォンケーキがコーヒーに合う
あの石造りの建物はレトロな喫茶店だった!小樽銭函で約30年「大坂屋」

ランチに訪れて舌鼓を打つも良し、友だちとおしゃべりを楽しむも良し、ひとり静かにコーヒーブレイクを堪能するも良し。

この空間では、時間の進み方すら外界とは違っているような、ただ座っているだけで悠然とした気分になれるから不思議です。こんな喫茶店が近所にあったら、毎日でも通いたくなってしまいそうです。

ストアハウス大坂屋
所在地:北海道小樽市銭函2丁目3-4
電話:0134-62-6425
営業時間:10時30分~20時
定休日:月曜定休
AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。