"> ">魚からできているのがわかる感動の味! 出塚水産の「伊達巻き」 – 北海道ファンマガジン
味わう

魚からできているのがわかる感動の味! 出塚水産の「伊達巻き」

美裡紫
Written by 美裡紫

【紋別市】 子供の頃、お正月に祖母が出してくれた伊達巻き。一切れ食べたとたんに気に入って、止まらず独り占めしてしまったことを鮮明に覚えている。伊達巻きはお正月にしか店頭に並ばないものだと自炊をする歳になるまで思い込んできたのだけれど、大人になってスーパーで何度と各メーカーのものを食べてはきたけれどあの味に再会することはなくなってしまった。もうあの伊達巻きは消えてしまったのだろうか?もう一度食べたい……という願いも叶うことなく諦め掛けていた今になって、とある港町にて食べた試食にて感動(!?)の再会を果たすことができたのだ。それは、昭和5年創業という紋別老舗のかまぼこ店「出塚水産」さんにひっそりと並んでいた。

 正直な話、今までスーパーで買っていた伊達巻きは甘みが強く、食感はふんわりとした軽さがあり、どちらかと言うとすり身類というよりは卵焼きに近い。が、出塚水産さんの伊達巻きときたら「伊達巻きは魚からできている」というのがわかるほど。持った感じがずっしり重く、食感はふつうのかまぼこに比べると少しやわらかめ、甘みは抑えられているのできちんとすり身の味がする。もしかしたらわたしがあの頃食べた伊達巻きはこれだったのかも知れない。これぞ伊達巻き!もうこれしか食べられない!

魚からできているのがわかる感動の味! 出塚水産の「伊達巻き」 ただ、この伊達巻きの賞味期限はとても短く1週間と持たないので買いだめができないのが難儀なところ。それでも、サイズは2種類あるので食べ切れそうにない場合はショートタイプを買うなどして工夫をしつつ、伊達巻き目的のみでまた紋別に遊びに行こうとさえ思えてしまうほどの一品だ。

このお店、まだ加熱前の一口サイズのかまぼこ天ぷらたちが冷蔵ショーケースにわんさか並び、希望の商品をレジに持ってゆけばその場で揚げたてといういちばん美味しい状態でいただくことができるというのはオホーツク人には有名な話。もちろん冷めてもおいしいため、揚げたて云々の問題ではなくかまぼこそのものの味が良いのだろう。種類も豊富で、ノーマルにすり身オンリーのものもあるなか、ホタテや海老が入ったものは小さいながらもボリュームもあって、ちょっと小腹が空いた観光帰りなんかにはちょうど良い食べ応え。海産宝庫の街にきたー!という気分にも浸れるのでおすすめです。

出塚水産
 住所:紋別市港町5-3-23
 【HP】http://dezka.com/xoops/

AirBookmark

筆者について

美裡紫

美裡紫

1981年7月2日北海道生まれのライター・エッセイスト。「美裡紫の発掘☆オホーツク」では主にオホーツク管内の旬の情報を発信している。これまでに道東圏タウン情報誌『CAM'S北見』でのエッセイ連載をはじめ、モデル活動や各地カフェにてフォトギャラリーを開催している。趣味は写真・創作関係。