"> ">SLオホーツク号が今年も待望の運行―オホーツクSLフェスタも開催 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

SLオホーツク号が今年も待望の運行―オホーツクSLフェスタも開催

美裡紫
Written by 美裡紫

【網走市】 2011年7月、36年振りに線路を走ったSLオホーツク号が今年も待望の運行を果たし、6月22日・23日両日、北見=網走=斜里間を颯爽と走り行く姿を目にすることができ、鉄道ファンやそうでない若者たちまで大勢の人が線路付近でカメラを構える光景が随所で確認できた。

 毎年1ヶ月前より乗車券を全国一斉発売。今年もこの日を待ちに待った乗客たちでいっぱい。SL世代ではまったくないわたしも、秘かにこの日が楽しみで、乗れずに見ているだけでも非常に心がわくわくするのがSLマジック。汽笛が聞けるだけでも何だか少し感動できるのがまた不思議。

SLオホーツク号が今年も待望の運行―オホーツクSLフェスタも開催  3年目となる2013年ももちろん、毎年この2日間は「オホーツクSLフェスタ」と名付けられ、JR網走駅前では限られたスペース内にてぎゅっと凝縮されたイベントも開催されており、地元のみならず旭川や十勝・当麻町などからも出店のある「イケ麺バトル」で各地のおいしい麺類を堪能できるのもまた魅力のひとつ。麺以外にも旨いもの・特産品やSLグッズの販売、ご当地グルメグランプリ殿堂入りを果たした別海町ジャンボホタテバーガーの飛び入り参加もあり網走駅は大勢の人でにぎわっていた。なかでも、今年は昨年誕生した網走市のゆるキャラ「ニポネ」の登場で小さい子供たちの人気も集中していた模様。

SLオホーツク号が今年も待望の運行―オホーツクSLフェスタも開催  さて、今回わたしが撮影したSLの写真、これは「下り」と呼ばれる網走から斜里方面へ向かう先頭を撮ったもの。なのに「これお尻?」と思ったひとも少なからずいるであろう。そう、SLオホーツク号は「下り」では逆向き走行するのです!もちろん「上り」と呼ばれる網走から北見方面への走行ではきちんと頭から発車。次回はぜひ、上り区間での正常方向からの撮影に挑みたい。

AirBookmark

筆者について

美裡紫

美裡紫

1981年7月2日北海道生まれのライター・エッセイスト。「美裡紫の発掘☆オホーツク」では主にオホーツク管内の旬の情報を発信している。これまでに道東圏タウン情報誌『CAM'S北見』でのエッセイ連載をはじめ、モデル活動や各地カフェにてフォトギャラリーを開催している。趣味は写真・創作関係。