"> ">トリックアート作品が北見上陸! 「視覚トリック3Dアート展」開催中 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

トリックアート作品が北見上陸! 「視覚トリック3Dアート展」開催中

美裡紫
Written by 美裡紫

【北見市】 壁に展示されている絵がカメラを通すと浮き出て見える!?でおなじみ、服部正志さん作『視覚トリック3Dアート展』がなんと北見市初上陸!「携帯やカメラなど撮影できるものをお忘れなく」と呼びかけながらに開催されていたのでさっそく見に行って参りました。

トリックアート作品が北見上陸! 「視覚トリック3Dアート展」開催中 会場内の壁や床に掲示されたカラフルで迫力のある絵が、カメラを通すと立体的になり現実世界に存在しているかのように見えるというのがこの3Dアート。肉眼では変化はさほどわからないが撮った写真を見るとびっくり!他にも、立ち位置を左右に変えると動いているかのように見える絵や白黒の風景写真をカラーに見せるトリックモニターなどもあり、子供はもちろんのこと、大人もおおいに楽しめます。この日も家族連れ、カップルなどたくさんの観客で大賑わい。係のかたがわかりやすく説明してくれたり積極的に撮影にまわってくれるので、1人だってもちろんOK!

日本各地で大人気のこの3Dアート展、今回はバンコク開催もあるみたい。北見市での開催は8月18日まで。夏の予定がないあなた!これを機にぜひ北見市へ遊びに来てみては?

視覚トリック 3Dアート展
 会場:北見まちきた大通りビルコミュニティプラザ・パラボ(5F)
 住所:北見市大通西2丁目1番地 ※北見駅隣り
 日時:7月31日~8月18日 10:00~18:30
 入場料:中学生以上500円 小学生400円
 ※トリックアート作品約30点を展示中

AirBookmark

筆者について

美裡紫

美裡紫

1981年7月2日北海道生まれのライター・エッセイスト。「美裡紫の発掘☆オホーツク」では主にオホーツク管内の旬の情報を発信している。これまでに道東圏タウン情報誌『CAM'S北見』でのエッセイ連載をはじめ、モデル活動や各地カフェにてフォトギャラリーを開催している。趣味は写真・創作関係。