"> ">なぜかファミコンが置かれているチキンカレーのお店「G’Day(グダイ)」 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

なぜかファミコンが置かれているチキンカレーのお店「G'Day(グダイ)」

美裡紫
Written by 美裡紫

【北見市】 通りかかるたびに目に入る、堂々と「チキンカレー」と記されたその看板を知っている北見人は少なくはないはず。だからその店がカレー屋さんであることは前々から知っていたし、でもおいしいの?チキンカレー限定なの?もしやこだわりのガンコなお店なの?……なんて良からぬ想像ぐるぐるしちゃってなかなか入られずにいたお店「G'Day(グダイ)」さんへいざ出陣。

なぜかファミコンが置かれているチキンカレーのお店「G'Day(グダイ)」 なぜかファミコンが置かれているチキンカレーのお店「G'Day(グダイ)」

外から見る限りでは至ってシンプルなカレー屋さんにしか思えないのに中に入ってびっくり。各座席ごとに懐かしのファミコンが1台備え付けられているのです!なぜカレー屋でファミコンが?とまず驚き、そしてそのファミコンソフトの数の多さに再度驚きます。既に入店していたお客さんの中には、夢中でゲームをする男性もいてハイスコアが出ると店内に掲示されているブラックボードに記録を残すことができるというゲームに熱意が感じられるお店。かと言ってゲーマー限定な独特なる空気が漂っているわけではなく、家族で来ていたりカップルもいたりで客層はさまざま。もちろん単純にカレーを食べに来るだけでも気軽に座っていられます。

なぜかファミコンが置かれているチキンカレーのお店「G'Day(グダイ)」 看板にもなっている通り、ここではチキンカレーが主。そのほかにもキーマやシーフードもあるけれど、ここのチキンカレーは個人的にすごくお気に入り。とても優秀。余計なものが入っていない感じ。焙煎された玉ねぎをベースに作られたこのカレーは、ただとろみが付けられているのとは違う、しっかり炒められた玉ねぎの食感の残るルウである。中身はじゃがいもと鶏手羽元といったシンプル具材。骨付きの手羽元肉がカレーに入っているのって特に女性は手を汚したくないし、かぶりつく姿を見られたくないことから正直避けたいところだけれどここのお肉は超ホロホロ!スプーンで簡単に骨から外せちゃう。手も口元も汚すことなく難なく食べられる柔らかさ。たくさんの具が入ったカレーもおいしいけれど、このお肉とこのルウで全然満足できるんだよね。

なぜかファミコンが置かれているチキンカレーのお店「G'Day(グダイ)」 ルウは注文時に辛さのレベルを指定できるだけでなく、刺激が足りなかった場合はテーブルに置かれている5種類のスパイスで味を調整できるので自分好みの辛さで食べることができる。わたしはふつうの辛さで何のスパイスもなく食べたのだけれど、辛みは足りないくらいでも本当に旨みが伝わってきておいしいカレーを食べているということがよくわかる。カレーってすいすい食べちゃうからあまり味わってない場合が多いんだけれど、味わって食べても最後まで「おいしかった」と思えることができた。辛さでごまかしているカレーって食べていくうちに飽きちゃうんだよね。家でもぜひ真似して作ってみたい。

お店のご主人の丁寧な接客もまたここの魅力のひとつかも知れない。もちろん他のカレーも食べたいし、また行ってみたい!って気になるんだよね。

G'Day(グダイ)
 住所:北見市とん田西町215-135
 時間:11:30~15:00 17:00~22:00
 定休日:月・火曜日

AirBookmark

筆者について

美裡紫

美裡紫

1981年7月2日北海道生まれのライター・エッセイスト。「美裡紫の発掘☆オホーツク」では主にオホーツク管内の旬の情報を発信している。これまでに道東圏タウン情報誌『CAM'S北見』でのエッセイ連載をはじめ、モデル活動や各地カフェにてフォトギャラリーを開催している。趣味は写真・創作関係。