味わう

オホーツク流氷観光で冷えた体は紋別『らーめん 西や』で温めよう!

美裡紫
Written by 美裡紫

オホーツク流氷観光で冷えた体は紋別『らーめん 西や』で温めよう! 【紋別市】 冬の紋別はとても寒いことくらいは言わずもがな。2月には流氷が接岸し、観光船ガリンコ号Ⅱも期間中は人気が途絶えることなく毎日運航。もちろん厚着で乗船は必須としても、それでも寒さを感じてしまうことは致し方なし。ならば、そんな寒さをあたたかいラーメンで吹き飛ばそう!というわけで今回は『らーめん 西や』をご紹介。紋別と言えば『西や』の名をあげる地元人も多いほどおなじみのようで、今回わたくし美裡紫は味噌ラーメンを食べてまいりました。

あっさりし過ぎずしつこさもないのが特徴。トッピングにも注目!

オホーツク流氷観光で冷えた体は紋別『らーめん 西や』で温めよう! 味噌というと「こってり」という印象が強いなか、ここの味噌は想像以上にしつこくないところが人気の秘訣。食後の口内がいつもより少し軽やかな感覚さえするくらいで、けれどあっさり薄いスープでなく、きちんとコクがあるので麺にも絡んで最後までおいしくいただくことができるのです。麺は中太でちぢれ系なのもあり、しっかり味のついた麺が食べられるわけですね。

そして忘れちゃいけないトッピング。まずはこの味たまご、白身にしっかり味が染みこんでいてとろみもあるやわらかな黄味は理想的な半熟具合でとてもおいしい!チャーシューはやわらかく、脂が多すぎないのでこれまた食べやすくて気に入る人も多いのだとか。

メニューはさまざま。オホーツクならではのメニューもおすすめ!

基本中の基本「味噌・塩・しょうゆ」の3つの味はもちろんのこと、こってりタイプのものやバター・激辛・昔風などもあるなか、「海鮮ラーメン」はイカやホタテ、そしてなんと言ってもカニ爪まで入っていて超豪華なラーメンもあるのがポイント。観光で訪れたならぜひこの「海鮮ラーメン」でオホーツク堪能コースのご検討を。これ、絶品だそうです。

観光客にも入りやすい場所で◎

紋別の観光シーズンといえばやはり流氷来る真冬の季節。ガリンコ号Ⅱを降りた直後の冷え切った体にはやはり熱いくらいのラーメンがいちばん!という条件下で抜群のタイミングで入店できる、ガリンコ号Ⅱ発着場所に本店があるのです。

オホーツク流氷観光で冷えた体は紋別『らーめん 西や』で温めよう! そして温泉で体を温めたい派のあなたには「オホーツク氷紋の駅」内でも食べることができるほか、ここは紋別の海産物をはじめとした土産品の購入もできる便利な商業施設でもあり、廃線となった旧・紋別駅(写真)でもあるので、おすすめスポットでもあるのです。紋別観光の際は『西や』でラーメンを基本スタイルにするのも悪くはありません。

各味ごとにオホーツクでとれた魚貝や塩を使ったスープが旨い『西や』は、札幌の「らーめん共和国」にも出店し(現在閉店、小樽市内で営業中)、オホーツク外でも食べることはできる。けれど本場紋別でぜひ一度は味わっていただきたいお店。独特の表情をしたオリジナルマークを目印にいざ『西や』へ!

らーめん西や 本店
住所:紋別市海洋公園1 海洋交流館内 [地図]
時間:11:00~19:00(火曜のみ14:00迄)
定休:なし

らーめん西や 氷紋の駅店
住所:紋別市幸町4丁目1-1 オホーツク氷紋の駅内 [地図]
時間:11:00~20:00
定休:1月1~2日

AirBookmark

筆者について

美裡紫

美裡紫

1981年7月2日北海道生まれのライター・エッセイスト。「美裡紫の発掘☆オホーツク」では主にオホーツク管内の旬の情報を発信している。これまでに道東圏タウン情報誌『CAM'S北見』でのエッセイ連載をはじめ、モデル活動や各地カフェにてフォトギャラリーを開催している。趣味は写真・創作関係。